川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】新緑のどこか いつかの肩車   ばた

投稿日:

どこまでも響く口笛の景色だった。

鳥と同じ高さにいて、僕は空を独り占めしたがった。

風は薫って、いまも、懐かしく、
耳に届いて、こえは、とっても温かい。

父さんは、もう、居ないようで、

僕は、あれからも、いままで、ずっと。
父さんの背中の景色にいます。

まだ言えなかった言葉のいくつかを。

これから、少しずつ、伝えていくつもり ―。

===

  【掲載】新緑のどこか いつかの肩車

    ふあうすと2008年5月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

川柳句会のはじめての選者を終えて

ふあうすと川柳社の本社句会で選者を務めさせてもらった。 川柳句会で初めての選者体験。披講の仕方に好意的な感想をいただけてホッとした。1時間での選はやっぱり厳しかったな。選ぶ側の気持ちを知る貴重な機会だ …

no image

【川柳】いつだって芝生が夢を聞いていた   ばた

サッカー日本代表中田英寿選手が引退を表明されました。 同じ学年の人間が第一線を退くというのは、少し寂しい感じもしますが、これからの人生を応援し、また、良い影響を与え続けてほしいと思います。 ブラジル戦 …

no image

【川柳】転移した場所を静かに撫でていた   ばた

なぜ? を声に出すこともなく。静かに、祈りを込めて。 手のひらの「どうか」。 ココロからの「どうか」。 ===   【掲載】転移した場所を静かに撫でていた     ふあうすと2008年1月号    全 …

【川柳】鉄筋の妻で私は立っている   ばた

兄弟でさえ出来ない喧嘩も。親子でさえ持ち得ない温度も。 夫婦には色々あり、おとこは、強い顔をしてみせながら。 判断を委ねて、安心をし、悔しがったりもする。 つまり、母になる強さに、おとこはどうしたって …

no image

【川柳】傘を振る信号待ちの4番打者   ばた

雨に降られるのは鬱陶しい。だが、雨に用心して、持って出た傘が役に立たなかった一日はもっと腹立たしい。 朝、出がけの判断ミス。 余分な荷物は、まるで傘以上の重さで腕に重く、恨めしい太陽は、必要以上に僕を …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly