川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】新緑のどこか いつかの肩車   ばた

投稿日:

どこまでも響く口笛の景色だった。

鳥と同じ高さにいて、僕は空を独り占めしたがった。

風は薫って、いまも、懐かしく、
耳に届いて、こえは、とっても温かい。

父さんは、もう、居ないようで、

僕は、あれからも、いままで、ずっと。
父さんの背中の景色にいます。

まだ言えなかった言葉のいくつかを。

これから、少しずつ、伝えていくつもり ―。

===

  【掲載】新緑のどこか いつかの肩車

    ふあうすと2008年5月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】有り難い場所に鏡を置いておく   ばた

今日も新しいお仕事のご相談、そして、新しい出会いもありました。 忙しいときに何かを頼まれると、つい(しんどいなぁ)と思ってしまいがち。だから、出来るだけいつも、「有り難いなぁ」という言葉を、ひとりごと …

no image

【川柳】毛抜き買いストレスの白退治する   ばた

昔からストレスを自覚すると、頭に白いものが増える。 毛抜きを買い、移動中の車、信号待ちのタイミングで退治。ぽんっと抜けたときの快感といったら。 ストレスの結果で、ストレス解消をする時間。 いいんだか、 …

no image

【川柳】君と見た景色の中を生きている   ばた

小僧さん、いつもコメントありがとうございます。 昼から出かけないといけないので、余裕のない鑑賞になってしまいましたが、何かの参考になれば。 若輩者、初心者の身でありながら、偉そうに申し訳ありません。 …

no image

【川柳】別離から三日 玉子を割っている   ばた

ふっきれたのか。涙を流すための、「生」をいただいているのか。 肩を落とす淋しさも、生きているからこそで。 ===   【佳作】別離から三日 玉子を割っている     月刊川柳マガジン2007年11月号 …

no image

【川柳】愛してるポストの焦げるラブレター   ばた

むかーしむかし。 まだ、メールも携帯もなくて。毎日、マメに、マメに、ポスト色した手紙を書き続けた頃があります。 むかーし、むかしの、お話。 ===   【入選】愛してるポストの焦げるラブレター     …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly