川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】新緑のどこか いつかの肩車   ばた

投稿日:

どこまでも響く口笛の景色だった。

鳥と同じ高さにいて、僕は空を独り占めしたがった。

風は薫って、いまも、懐かしく、
耳に届いて、こえは、とっても温かい。

父さんは、もう、居ないようで、

僕は、あれからも、いままで、ずっと。
父さんの背中の景色にいます。

まだ言えなかった言葉のいくつかを。

これから、少しずつ、伝えていくつもり ―。

===

  【掲載】新緑のどこか いつかの肩車

    ふあうすと2008年5月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

川柳の作り方 / 川柳誌、無料で差し上げます。

今週の土曜日は、久しぶりに地元・明石蛸壺の会の川柳句会に顔を出そうと思っている。そこで、今日は川柳句会について少しだけ。 予め用意されたお題に対して、3つずつ句を考えて持っていく。匿名で用紙に記入して …

no image

【川柳】先生の嘘 今もまだ体温に

個性というそれぞれを守るために、先生は嘘をついてくれた。貫いてくれた嘘は、僕のなかを生きていて、今を形成してくれている。 「あした」とは、「明日」という目先ではなく「未来」のこと。 余韻がこんなに長く …

【川柳】この頃の家族を覗く鯉のぼり   ばた

いつも、ふあうすとの裏面広告に、こんな感じで文章を書いています。 ===  目を覆いたくなる悲惨なニュースが続いています。 荒廃していく世の中、人の心…今一度、誰の心にも豊かさが取り戻されるよう、願っ …

no image

【川柳】逆上がり子供は風にキスをする   ばた

放課後は無限大だった。 どんな夢だって、誰も笑わない。階段をのぼっては、必ず見えてくる景色があるのだと、信じて疑わない。 得意になるまで、全てを成し遂げるまで。 ご褒美の風は、いつも、優しくタイミング …

no image

【川柳】マイネームイズ地球人手を繋ぐ   ばた

海があろうが国境があろうが。 同じおんなじ星の上。仲良しこよしであればいいんだと思う。 隣の隣の隣の隣、そのまた隣も地球人。 まる。 ===   【平抜】マイネームイズ地球人手を繋ぐ     神戸川柳 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly