川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】新緑のどこか いつかの肩車   ばた

投稿日:

どこまでも響く口笛の景色だった。

鳥と同じ高さにいて、僕は空を独り占めしたがった。

風は薫って、いまも、懐かしく、
耳に届いて、こえは、とっても温かい。

父さんは、もう、居ないようで、

僕は、あれからも、いままで、ずっと。
父さんの背中の景色にいます。

まだ言えなかった言葉のいくつかを。

これから、少しずつ、伝えていくつもり ―。

===

  【掲載】新緑のどこか いつかの肩車

    ふあうすと2008年5月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】焼香の順序 ひそひそ声がする   ばた

追伸 そんなわけで、うっかり忘れておりましてどうぞ、安らかにお眠りください。 ===   【掲載】焼香の順序 ひそひそ声がする     ふあうすと2007年11月号    全人抄(谷口 幹男選)

no image

【川柳】頑張れと言わず自らやる姿勢   ばた

小さい会社なので、上も下も、右も左も、何もない。 ただ、それぞれが「頑張れ」と口にするよりも先に行動を起こすこと。その行動に触発されて、次の誰かの、手が、足が、頭がすっと動き出すような。 そんな好循環 …

no image

【川柳】コスモスもウロコも母のふところも

 秋桜の揺れる海、鱗雲の泳ぐ空。年末という慌ただしさを迎える前の、ほんのひととき、心を休ませてくれる情景。誰が近づいても、誰が見上げても平等に、もう、季節がここまで進んだことを優しく教えてくれる▼拙ブ …

no image

【川柳】タッパーの音 故郷は秋祭り   ばた

そこに置いてきたものがあります。 そこに飛ばしているものがあります。そこから飛んでくるものがあります。 僕は その線の温もりを 時々は思い出して 嬉しいような、罪悪感のような複雑な気持ちを抱きながら …

no image

【川柳】どの空を向いて黙祷しましょうか   ばた

花火なら良かったね。あの空に、この空に、また昇っていく。 きりがないね、だからもう。 そんなボタン 壊れてしまえばいいのにって。 大人でなくても きっと腰の辺りで。そんな風に思ってるんだろうなぁ。 あ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly