川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

また、大切な人の逝ってしまう。

投稿日:

身近な60代の方の病気、逝去が続いている。
自分が社長になって以来、ずっとお世話になっていたKさんの訃報も今日になって知った。

印刷業のことなど何もわからないまま、入社4ヶ月での社長就任。

Kさんは、そんな自分の事情を知って、技術的なことを色々と教えてくれたし、
訪問すれば時々、近所の喫茶店からコーヒーを出前で頼んでくれたりもした。

自分の父と同じ年齢という親しみがあった。
そして、職人として、学ぶことも助けて貰うことも、本当にたくさんあった。

入院は知っていたものの、10月に亡くなっていていたことを今日まで気付かなかったことが
悔しい。僕は忙しさを言い訳にして、当たり前の距離感を視界の外に追いやっていたのでは
ないか。

ひとは突然いなくなる。

それを、去年、今年、大切な人を立て続けに亡くして、よくわかっていたのに僕は ―。

すこしの筋肉痛と、すこし、リンパの痛み。

ぶり返した、のではなく、これはもしかすると、違う種類の風邪なのかどうか。
さすがに今日は、静かな夜を過ごすことにする。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

十五夜。

屋上から秋を眺める。

男前豆腐。

最近はまりまくり。 これ食べたら他の豆腐は食べられません。

美味しそう。

もとい、可愛い。

no image

雨は虹の卵だね。

「虹が見たければ、まず、雨の降ることだよ」 傘の花が咲いて、重たきを行く駅前。この時はまだ、ほとんどの想像にない虹の空でも、ちゃんとちゃんと、それを見据えて口角を上げている人もいるに違いない。 期待に …

雨上がりの明石海峡大橋。

霧で全く見えません。 遅い昼食。屋上にて、のんびり過ごし中。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly