川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

また、大切な人の逝ってしまう。

投稿日:

身近な60代の方の病気、逝去が続いている。
自分が社長になって以来、ずっとお世話になっていたKさんの訃報も今日になって知った。

印刷業のことなど何もわからないまま、入社4ヶ月での社長就任。

Kさんは、そんな自分の事情を知って、技術的なことを色々と教えてくれたし、
訪問すれば時々、近所の喫茶店からコーヒーを出前で頼んでくれたりもした。

自分の父と同じ年齢という親しみがあった。
そして、職人として、学ぶことも助けて貰うことも、本当にたくさんあった。

入院は知っていたものの、10月に亡くなっていていたことを今日まで気付かなかったことが
悔しい。僕は忙しさを言い訳にして、当たり前の距離感を視界の外に追いやっていたのでは
ないか。

ひとは突然いなくなる。

それを、去年、今年、大切な人を立て続けに亡くして、よくわかっていたのに僕は ―。

すこしの筋肉痛と、すこし、リンパの痛み。

ぶり返した、のではなく、これはもしかすると、違う種類の風邪なのかどうか。
さすがに今日は、静かな夜を過ごすことにする。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

西端は東端から西端まで、明石を走り抜いて真っ赤になった。

明石の西端まで走りました。 今日は明石の東端から、西端まで、ジョギングで横断してきました。 真っ赤に日焼けして、風が吹いただけでも痛むんじゃないかっていうくらい。でも、よく頑張りました。 自分のblo …

手紙になってしまった、今年ラストの。

仕事でお世話になっているMさんから、お肉をいただいた。 今年3度目の贈り物。すっかり病み付きになってしまった宮崎の和牛。 いつもお心遣い、ありがとうございます。 ご褒美用の美味しい焼酎と一緒に、至福の …

no image

幾らかを寄せては祈り続ける

父親の死去、愛犬たちとの別れ、そして震災。 うまくいかない仕事のことや、誰にでもあるような甘酸っぱい青春のいくつかもあるけれど、これまでの人生で色濃く涙と結びついたのはやっぱりこの3つになる。熊本の大 …

壊れて、困る。請われて、困る。

パソコンの調子が悪いから診に来てほしいと頼まれる。そんな時に限って同じ症状が出ない。 「おかしいなぁ、昨日まではおかしかったんだけど」「おかしいですねぇ」「なんでかなぁ、変だなぁ」 病院に行って、熱を …

no image

40分遅れで。

出発。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly