川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

事務所の間取りと通路の広さとヒロタのシュークリームと

投稿日:2014年1月14日 更新日:

新しい事務所で、実際に棚やパーテーションなどを設置したらどんな風になるのか、紙を床に配置してシミュレーションを行ってみた。

事務所移転風景

図面で計画するよりも、こうして作業してみることで気付くことは多い。「ただ歩く」のではなく「なんらかのモノを持って歩く」ことを考えると、通路の幅にはある程度の余裕が必要だ。机に欠かせない椅子だって、「引いて座る」ことを思えば、後ろにある程度の余裕も必要。そもそも、今の事務所から持って行くはずの冷蔵庫を置くスペースを全く考えていなかったのはどういうことなのか。夏の差し入れに嬉しいヒロタのシュークリームをおやつの時間まで我慢することができなくなってしまう。

事務所の移転に伴って、小切手帳や手形帳の書き換えも必要だ。登記の住所と表面住所が異なる場合、銀行に届け出る住所は表面住所で問題がなかっただろうか。税務署や労働基準監督署、社会保険事務所にも届けが必要で、その場合、すべては移転登記が完了してから手続きをするとして、さて、「移転したー」という役所への届けはいつ行えば良いのか。

新しい住所の名刺や封筒、案内状も作らなければならない。いまの事務所で不要になるものは処分しに行かなければならない。移転作業で疲れる身体にはやっぱりヒロタのシュークリームが必要で、どのタイミングで甘さを補給するか、その戦略だってちゃんと立てなければならないだろう。事務所移転における甘味戦略は実に重要だ。

「27日、正式に移転しました」

と、伝えていくために、平日夜間や週末も利用して、少しずつ仕分けと整理、移動を行っていくことにした。「この日」に何かを行うためには、そこから逆算したスケジュールを組んでいく必要がある。たとえば18日に新しい棚にAという書類を収納するためには、17日までに移動用の段ボールに書類を整理された状態でいれておかなければならないし、17日の朝までには段ボールを用意しておく必要がある。こんな風に、一つの目的を達成するためには、ひとつひとつのアクションをいつ行うべきであるかということをちゃんと明示共有しておく必要があって、この移転プロジェクトを通じて、スケジュールの逆算の習慣が社内に根付けばいいなぁと考えている。

偉そうにふんぞり返って指示だけを出す上司のスケジュールには、「シュークリーム」の文字が目立っているということ。それは言わずもがなである。

Google

Google

-業務日記
-,

執筆者:

関連記事

no image

名刺は渡すものではなく■■するもの ~売るのではなく、選ばれるために大切なこととは

ひとにオススメしたくて仕方のないものを「絶対いいから」「あなたに超オススメ」だなんて言ってしまっては、途端に怪しい宗教のような色を醸し出してしまう。結果的にその「モノ」なり「コト」なり「ヒト」は、「良 …

no image

チャンスは準備をしている者のところに訪れる

「仕事の9割は段取りだ」って、社内では言い続けてる。 街を襲うことなく、ドラゴンは優しく空を過ぎていきました Nishibata Yasutakaさん(@bata)が投稿した写真 – 20 …

no image

経営者であるよりも前に、商売人でありたい ~泣き虫でありたくて

仮説を立てる、そして実行して結果を出す。このプロセス自体が僕の「ノウハウ=商品」となって、お客さんに選んでいただくための材料の一つとなっていく。風が吹けば飛ぶような小さな小さな存在は、こうやって自分の …

口下手だから営業は出来ないという話が人を傷付ける ~営業マンの物語、営業刑事は眠らない

「口下手だから営業は出来ない」という話を聞かされるたび、嫌な気持ちになる。 営業は口先でやるものだとは思っていない。売るのではなく選ばれるようになることが商売の基本だ。相手の心理と気持ちを想像しつづけ …

no image

一瞬の感動、永遠の感謝。

去年、大失敗したある仕事。 今年、無事に納品を終えて、お客様の喜ぶ顔をこの目で見て安堵。思わず涙腺が緩んでしまいました。 仕事に感動を覚えられるのは、きっと、いいことだと思うのです。 協力していただい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly