川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

お茶菓子を食べる量やスピードにもある、会話のなかの工夫

投稿日:2014年2月26日 更新日:

25日と末日が同じ週にあるとそうでなくても忙しなく感じるのに、間が2日しかないとなるとますます慌ただしい。そして2月は年度末に向かう一ヶ月。なんだかずっと余裕のない毎日を送っている。所属しているいくつかの会の新年度人事も今の頃から動き出していて、そのキックオフミーティングが続くのも余計なんだろう。

メンバーの新しく誕生したお子さんも無事に退院した。去年の秋から入院していたお子さんも本日無事に退院して、いよいよ、言い訳のできない立場になっていく。彼にはたくさんのチャンスを与え、課題を与え、そして意識的にハードルを高めていこうと取り組んでいる。「目で会話する」という技術(空気の読み方)があるが、目で会話できる間柄の人間が3人いると、これはかえって逆効果になってしまう。そこで、出されたお菓子を食べるタイミング、食べ過ぎない分量、会話の運び方を意識することで、場を収束させるコツがあるということを伝えてみたが、さて、彼はいつ、それを自分のスキルにしてお客さんとの信頼関係を強化していけるだろうか。

今年の7月に同友会の西神戸支部A、D合同ブロック会で「経営に生かす言葉の工夫」をお話させていただくことになった。同友会ではマーケティングについて考える機会が少ないことを、いつも残念に思っている。言葉の工夫がお客さんにどんな印象を与えるのか、そんなことをお話しながら、商売人らしい心の伝え方を皆さんと一緒に考えていきたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

会者定離

えしゃ じょうり ゑしやぢやうり 1—1【会者定離】 〘仏〙会うものは必ず別れる運命にあるということ。世の中の無常なことをいう語。〔遺教経「世皆無レ常,会必有レ離」などから出た語〕 大辞林 第三版 悲 …

川柳関係の告知を2つと、同友会関係のお知らせを1つ。

今度、フジテレビのペケポンという番組の制作を協力させてもらうことになりました。 川柳の出題者として、問題を定期的に番組に提出します。 視聴者として観ていても面白い番組でしたので、関わることができるのは …

no image

納得いくまで何度でも、句集作りと自分史作りは徹底的に。

川柳を1200句入力 / day、よく頑張りました。 1000句入力を予定していたけれど、20%増しの成果。おかげで、今夜は少しのんびり出来ています。 締切の近づきつつある、自分の川柳課題への取り組み …

親戚が部屋に集まっての。

大騒ぎな宴会も終了。いつまでもここは、心の故郷に直通する居場所ですね。 さて、部屋に戻って、余韻に浸って。 少しだけ、本を読んでから、ゆっくり休みたいと思います。 明日は松本城を見学してきます。おやす …

no image

それは環境にいいのか(まだまだ反抗期)。

環境にいいことをしようと言って、会議の冒頭、優秀な会社には表彰まで行うのに、最後の懇親会では大量の残飯を出してしまう・・・。 矛盾を感じて、一生懸命食べるのですが、食べきれるわけもありません。 タッパ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly