川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳 雑記

川柳句会のはじめての選者を終えて

投稿日:

ふあうすと川柳社の本社句会で選者を務めさせてもらった。

披講の仕方を褒めていただいたのは嬉しかった。ただやはり「選ぶ」とは「選ばない」の裏返しなので、自分の決めたお題に対して出句投句をしてくださった方々に申し訳ない気持ちにも。限られた時間のなかで順位を決めていくのは至難の業で、披講に入る数分前まで作業は続いた。披講(発表)を終えてどっと眠気が来たのは、それだけ緊張していたということか。

川柳界に限った話ではないが、文芸の世界では高齢化が問題になっている。今回自分にこのようなチャンスを与えてくださったのは、若返りを促したいという想いがあってのことだと思う。文芸の世界に身を置くことで、少なからず仕事に繋がることもあったことを思えば、この世界の人口が増えるための行動をして恩返しをしていくこともこれからの僕に必要なことの一つであろう。句会が終わってから川柳マガジンの松岡さんとしばらくそんな話をして過ごす。

サッカーのワールドカップが終わった。海外のチームの戦いはスピードも体力も桁違いで、サッカーに詳しくない僕も大いに楽しむことができた。それぞれの世界の一生懸命は、どこか誰かの心に響く。スポーツにもらった刺激を僕は僕のアウトプットに繋げて、誰かのアクションの源にしてみたい。言葉の世界、音楽の世界、身を投じる時間、その時間を創るために今取り組むべき優先順位。色々。

Google

Google

-川柳, 雑記

執筆者:

関連記事

急角度にステージを見下ろして。

いまから、松山千春さんコンサートです。たくさん泣いてきます。 3階席で、見づらい…。

生きるための必死、生かされるための必死。

月初め恒例のハガキ(川柳)の山との戦い。肩こり必至です。 12月は、冊子制作の仕事がてんこ盛り。 その他また、他の会社さんのキャンペーンにタイアップする企画などもあり、忙しさが加速しつづけます。 雑に …

no image

【川柳】戦争は何チャンネルでしてますか   ばた

安っぽいドラマだ、今日も赤い血を流して。ありきたりのシナリオめ、明日も涙を止めさせぬ。 当たり前の景色だな、もう、誰も、見飽きたというのに。 ===   【掲載】戦争は何チャンネルでしてますか     …

no image

【川柳】星の降る夜 東北の傷のこと

「おかげさまで」という言葉の美しさを想う。 何かは誰かの力になり、誰かは誰かの支えになる。「出来ること」を問い続け「出来ること」は積みあげ続けられた。 川柳という詩のなかに、たくさんの祈りがあったこと …

no image

【川柳】もう君を楽にしたくて毒リンゴ   ばた

君の涙が切なくて、僕の胸が苦しくて。 そして、だから、毒リンゴ。君に食べさせるのでも、僕が食べるのでも。 それが、唯一の答えであるのならば ―。 ===   【佳作】もう君を楽にしたくて毒リンゴ    …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly