川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳 雑記

川柳句会のはじめての選者を終えて

投稿日:

ふあうすと川柳社の本社句会で選者を務めさせてもらった。

披講の仕方を褒めていただいたのは嬉しかった。ただやはり「選ぶ」とは「選ばない」の裏返しなので、自分の決めたお題に対して出句投句をしてくださった方々に申し訳ない気持ちにも。限られた時間のなかで順位を決めていくのは至難の業で、披講に入る数分前まで作業は続いた。披講(発表)を終えてどっと眠気が来たのは、それだけ緊張していたということか。

川柳界に限った話ではないが、文芸の世界では高齢化が問題になっている。今回自分にこのようなチャンスを与えてくださったのは、若返りを促したいという想いがあってのことだと思う。文芸の世界に身を置くことで、少なからず仕事に繋がることもあったことを思えば、この世界の人口が増えるための行動をして恩返しをしていくこともこれからの僕に必要なことの一つであろう。句会が終わってから川柳マガジンの松岡さんとしばらくそんな話をして過ごす。

サッカーのワールドカップが終わった。海外のチームの戦いはスピードも体力も桁違いで、サッカーに詳しくない僕も大いに楽しむことができた。それぞれの世界の一生懸命は、どこか誰かの心に響く。スポーツにもらった刺激を僕は僕のアウトプットに繋げて、誰かのアクションの源にしてみたい。言葉の世界、音楽の世界、身を投じる時間、その時間を創るために今取り組むべき優先順位。色々。

Google

Google

-川柳, 雑記

執筆者:

関連記事

no image

君だって卵かけご飯を食べることもあるだろう?

「臍を出して歩く女性はツンとした顔をしていなければならない決まりでもあるのだろうか。君だって卵かけご飯を食べることもあるだろう?」 昨日の記事でも書いた通り、ノートには謎のフレーズがいくつも残されてい …

夏は夏を緩めずに。

川面の風をいただきながら。 夏のまんなか。鉄橋の二両編成をのんびり眺めながら、靴紐を緩めている。 ときどき必要になる、こんな時間、こんな景色。

no image

ダトウメザマシドケイ。

花粉症爆発。 むず痒さで集中力が出ない。周囲にも苦しみ始めた人がチラホラ。憂鬱。冬の舞い戻る予報にときめく。雪だるま、祈、今度こそ。 うん百万という損を出したライブドアショック。黒字にはまだ遠いものの …

川柳関係の告知を2つと、同友会関係のお知らせを1つ。

今度、フジテレビのペケポンという番組の制作を協力させてもらうことになりました。 川柳の出題者として、問題を定期的に番組に提出します。 視聴者として観ていても面白い番組でしたので、関わることができるのは …

空の思うツボになってやる。

太陽って奴は、カレンダーを読めるんじゃないか。 どうして日曜に限って、そんな優しい顔を浮かべたりするんだ。夕暮れに走らせる車に、なんて切ない表情を向けるんだ。 ええい、ええい、そっとしといてくれぃ、こ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly