川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

挨拶文やスピーチの文章作成や添削のご依頼 ~商業ライターと詩人のちがい

投稿日:

この時期になってくると、新年度の人事に伴う挨拶文やスピーチの文章作成や添削のご依頼が増えてくる。

体裁を良くするために文章を綺麗にし過ぎると、既視感のあるものが出来上がってしまう。その人らしさを大切に、その話を聞く人たちの表情を想像しながらリズム感のある文章に整えていく。挨拶の類は音になってひとの印象に残るので、起承転結を意識する以上に、伝えたいことを言葉を変えて何度も織り込むのがオススメ。綺麗に書くのではなく、相手の心に刻むように伝える。そのためには音を意識する。いま、こうして、同じ意味のことを二度書いた。どんな風に印象に残っただろうか。

商業ライターの立場で仕事をするときは、「誰に」「何が」伝わるようにするかを大切にする。鮮明なイメージ。一方で、短歌や川柳の詩歌を詠むときは、読み手の想像力に委ねるように言葉を選ぶ。「食欲の秋」とはっきり書いてしまうか、「見上げればどこまでも高くて澄んでいる」と書いて秋を伝えるのか。あたまのなかのスイッチを切り替えてもう一つの立場に入っていく瞬間を、本人は(苦しくも)楽しんでいたりする。

事業をやっていくには、色々な専門家のチカラを必要とする。僕は実業を営むコピーライターとして、士業のようにお店や会社のお役に立っていきたいと考えている。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

神戸鈴蘭台、歯の白さと元気を約束してくれる素敵な歯科とは。

「あなたの嫌いなものは?」 一位の座を譲ることなく、30年間に渡って回答し続けてきたのは「歯医者」なのでありました。 ドアを開けば、「からんころんからん」。 流れるクラシック。遠くから聞こえるバキュー …

Googleからの検索流入を増やすために零細企業を経営する僕が意識し続けている2つのこと

Googleの検索結果上位を狙っても、簡単に思い通りにはいかない。 かつてはSEOの業者に頼んで機械的に上位に表示させる方法も存在したが、日々進化するGoogleのアルゴリズムによってそれらはすべて駆 …

no image

90歳を過ぎた原稿用紙、弱き筆跡の中に。

文字入力。 90歳を過ぎた方から寄せられた原稿を入力、入力・・・。弱々しい筆跡で、ところどころ、どうしても読みにくい字もあります。 だけど、その一文字一文字を丁寧に拾って、活字にしてあげることで、ご本 …

no image

プレッシャーは人を弱くする凶器でもあり、人を強くする養分でもある ~期待値のコントロール

プロ野球ソフトバンクホークスの秋山監督が、リーグ優勝を決めたにも関わらず辞任することになった。  「2軍監督、1軍のコーチ、そして監督として6年。ちょうど10年間やった中で、自分の中で区切りをつけたい …

no image

差別化を見せようとするよりも、差別化されたポイントに気付いてもらえるだろうというくらいの寝技のほうが

パワーに自信があるのなら、相手の立ち技に自分も立ち技で挑めば良い。ただ、戦い方の美学にこだわるのか勝敗の結果に重きを置きたいのか、それによって戦略は変わる。柔よく剛を制すという言葉にもある通り、力みを …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly