川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

主張はいつも誰かの対岸にある

投稿日:

「わかる、そういう人いますよね」という同調のコメントを引き出してしまうような言動は慎むべきなんだろう。たとえそれが正論であって正義であっても、場が乱れてしまえば攻撃的な空気に満ちる。主張はいつも、誰かの対岸にあるということを知る。共感を呼ぶことは大切でも、共感を呼んだ同士が敵味方に分かれてしまっては本末転倒だ。

誰かを見下して、誰かを傷付けていることへの想像力がないままにプロを自称する。それはきっと、プロに憧れているアマチュアの遠吠え。憧れが強いときほど、僕たちはぐっと歯をくいしばるべき。先人の遠い背中に追いつきたければ、寡黙に汗を流すことも大切だ。

まだまだだなぁと思う。まだまだを自覚できるほどたくさんの背中があることを、幸せだなぁと思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

先入観と思い込み、違和感と共感

先入観や思い込みで断定してしまったり、機会を損失することは本当にもったいない。 一方で、察知して回避する、または近づいてみる、そんな嗅覚のような感覚は研ぎ澄まされているに越したことはない。先入観と違和 …

no image

完璧を求めないで、60点で走り出すこと ~それはスプーンとチャーハンの関係にも似ていて

考えすぎて動けなくなるというのはありがちで、60点で走り出して、あとは軌道修正をしていこうという話を社内ではよくする。 0から60になるまでの時間と、60から100になるまでの時間は、数字の距離だけで …

no image

ほんとに赤字でやってみる名刺1000円企画。

感謝! これで満たされているのよっしーさんに宣伝していただきました。→こちら。 ありがとうございます。 ブロガー名刺、送料込みで1000円じゃすと! 掲載して10分も経たないうちに、お問い合わせをいた …

no image

神戸の経営者、孤独とため息とやりがいと。

中小企業家同友会のブロック会、プレミーティングに参加。 経営者は孤独という言葉を何度も聞くけれど、本音のこぼれやすいこうした小さな集まりでは、それを益々実感します。 9月には、自分が経営体験報告を発表 …

no image

外食は身体に良くないと言い聞かされた子どもの心はどんな風になるのだろう

外食だから健康に良くないとか買ったお惣菜で家族に申し訳ないとか、一義的には正論なのかもしれないけれど、その商売に携わるご本人とご家族を他を傷つけるという意味では公言するべきことだとは思っていない。 お …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly