川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

上から目線になってしまえば誰も寄り付かなくなる ~会うことのできない人ばかりが増えて

投稿日:

知識を売る仕事だから舐められてはいけないと、必要以上に「上から」目線になってしまえば誰も寄り付かなくなってしまう。

「教える」よりも「教えられる」側にいたほうが、人生は有利に運ぶことが多い。わかったような言葉を口にするような頃が実は一番わかっていないときで、僕は何度も頭を小突かれてきた。「思い上がるんじゃないぞ」と言ってくれる人のことは大切にしたいと思う。一方で、八方美人にはならないことも意識しておきたい(その差が難しい)。

二十代、大阪でサラリーマンをしていた頃にお世話になった方が亡くなった。大阪サラリーマン時代は、世の中の裏を知るような毎日を過ごしていて、この方がいたから(いろいろな意味で)経験と知識が加速したといっても過言ではない。誰かから見ていまの僕は若くても、あの頃の僕から見ればもう、とっくに若くはないのだということ。無茶も無理もできた。無茶も無理もできない。刹那を生きていて、もう会うことのできない人ばかりが増えていくのが寂しい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

0から1を生み出すことへの評価、1を徹底的に真似ることへの評価

一人が踊り始める。すると少しずつ周囲の人たちも誘われるように踊り始めて、数分後にはそこがダンスパーティーの会場へと化していく動画。集団に楽しさが連鎖していく様子は眺めているだけでも楽しい。 よっこらし …

no image

雨風に耐えて窓を開けている、誰かの想いを繋ぎ合うものは何か 〜言葉の仕事、書くを生業とすること

生業のために言葉を選んだのではなく、伝えたくて大切にしてきたものが生業となっただけのことだ。想像を喚起する言葉、または詩歌。すべてを書いてしまえば説明書になってしまう。たとえば「雨風に耐えて窓を開けて …

no image

差別化を見せようとするよりも、差別化されたポイントに気付いてもらえるだろうというくらいの寝技のほうが

パワーに自信があるのなら、相手の立ち技に自分も立ち技で挑めば良い。ただ、戦い方の美学にこだわるのか勝敗の結果に重きを置きたいのか、それによって戦略は変わる。柔よく剛を制すという言葉にもある通り、力みを …

コンサルの知識よりも「中小企業の経営者はカタカナが嫌い」という想像力を大事にしたい

統計から未来を予測する技術も素晴らしいけれど、想像でひとの気持ちを読むことも否定されるようなことだとは思わない。 知識や情報を伝達するということは、たしかに商売になる。ただ、売って終わってしまってはい …

「第一印象で決まる」という考え方は「第一印象で決める」という偏見に繋がる可能性もある

「忘年会には参加せず仕事を頑張る」という書き方と「忘年会にもっと呼んでもらえるように仕事を頑張らなくては」という書き方。 さて、仕事を頼むとしたらどちらの人に頼みたいですか?という質問をして回ると、す …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly