川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

貼らないカイロが貼るカイロになって、また貼らないカイロになる ~ホッカイロを開発した白元の経営破たん

投稿日:

貼らないホッカイロという商品名を見て、それは普通のカイロのことだろうと思った。ああそうか、「貼るタイプ」が世に出回って、一周まわって「貼らない」と明示する必要があるのだと気がついたのはしばらくして。

ホッカイロを開発した白元さんは、民事再生手続開始の申立てを行って経営再建に取り組んでいるところ。いまはホッカイロの販売を行うものの、開発と製造はウナコーワなどでお馴染みの興和株式会社さんが行っているらしい。

白元破たん、老舗日用品メーカーはどこで“誤った”? 3代目社長の暴走と、ずさんな財務 | ビジネスジャーナル

経営破たんに至るまでのあれこれを知る。規模の大小にかかわらず、想いと歴史の積み重なったひとつの存在が薄くなっていくのは、商売を営む者として筆舌に尽くし難い。ギリギリまで生きようとしたことが伝わってくる。

神戸に初雪、寒い一日。カイロに触れながら、歴史の始まりと終わりを思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

僕が経営者になって最初にしたことは、隠ぺい工作と変更でした

一年で何日か、自分にだって褒めてほしい日がある。 板宿、アーケードにも降り込んでくる大雨、税理士さんとの決算に関する打ち合わせ終了(ようやく)。6月までの期も正式に黒字で締められることが確定した。ほっ …

no image

「一流でもないくせに相手を一流にしてみせますよ、なんてセミナーをやってしまう三流のための二流になれる営業セミナー」を開催したらどんな反応があるだろうか

「一流の営業マンになれるセミナーですよ、ぜひお越しください」という招待を受け取る僕は、つまり一流ではないわけで。しかしながら、本当の一流営業マンならば、万が一にも相手を(自分は一流ではないんだなぁ)な …

no image

ビジネスと商売の違い ~父が死んでいなくなったということを実感するとき

大きな企業で働いていて、脱サラして起業する。親御さんが商売をされていて、その背を見て自分も商売人になった。 同じ商売人でも、そこに至るまでの人生は様々だ。ただなんとなく、前者は「ビジネス」という言葉を …

no image

眠くならない会議、熟成されていく言葉

今日は三宮のセンタープラザの会議室。ここも初めての場所で、辿り着くまで緊張した。ジュンク堂に寄って詩集を購入。心の仕入れ、大切な時間。 pic.twitter.com/CBCTzeWnY3 &mdas …

知識と知恵の違い ~正論も間(ま)を読まなければ通らない

「Facebookでこういうサービスが流行していますが、SPAMアプリの可能性がありますので十分注意しましょう」っていうのはなるほど、確かに正しい知識。ところが、事実を知っていてもあえて書かない人がい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly