川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会 業務日記

温度と思い出を共有していく熱い仲間たちと ~チキンジョージでの最高の夜を過ごして

投稿日:

チキンジョージでのイベントを無事に終えることができた。とても盛り上がった。来ていただいたみなさんに、舞台に立っていただいた方々にたくさん助けていただいた。心から感謝。

イベントの作り込みに、何か月も前から様々な準備と想像を要した。ぎりぎり直前まで、もっと出来るのではないかと意見をぶつけあえたし、動けない人間が現れるとそれを誰かが助けるというチームワークも発揮することができた。去年に引き続き、今年も最高の仲間と一年を過ごすことができた。人見知りをする僕にとって、「仲間」と呼ぶ存在は本当に貴重なものだ。それだけのものを与え合えた関係になれたと言い切れることのできるのが嬉しい。

wpid-20160315103552.jpg

うちの会社にはこのチームワークがない。ひとつの方向に向かって、皆それぞれが責任をもって計画的に動いていくということができていない。同友会の活動で体感したそのままを自社で行うためにはどうすれば良いのだろうと、いつもそればかりを考えている。同じように熱くなりたい。「あれをやりたい、これをやってみたい」という自発的な意見があって、それぞれの得意不得意をカバーしあって動いていく。失敗したってかまわない。言われたからやるだけ。仕事と作業の違いを繰り返し説いても、届かない。この生ぬるい感じを生み出しているのは自分自身の責任だということはわかっている。わかってはいるけれど、苦しい。熱さを知れば知るほどに、だ。

みんなでやれば簡単なこともある。そして、自分ひとりでやってしまった方が簡単なこともある。チームである以上、自分ひとりでやってしまってはならず、待ち続けなければいけないこともある。待ち続けるために必要なことは「失敗しても良い」というメッセージを投げ続けるだけなのだと考えている。熱くなりたい。繰り返し何度も思う。その温度と思い出を共有していくことのできる関係を、熱い仲間たちだと呼び合いたい。

Google

Google

-同友会, 業務日記

執筆者:

関連記事

no image

販促とか、マーケティングとか、手法がどうこうというより、それは物語なのではないかと

「午前はワイン、午後はかつ丼の打ち合わせ」と書くと、なんだか食べて飲むことばかり考えているようですね(にっこり) — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年4月20日 いろ …

no image

売ると選ばれるの違い ~商売は一日にして成らず

たとえばうどん屋さんが、「うちのうどんはオススメですよ」と毎日ネットに書いていたとする。 足を運んでほしくて伝え続けていたのだとしても、読んでいる側は「読まされている」のであり「売り込まれている」わけ …

no image

プライドは大切にして、なれど、他を蔑むことなく

どちらか一方の主張だけを聞いて事実を判断するのは良くないことだとわかっていて、あえてこの記事を引用するのは「自分も同じような経験を何度もしたことがあるのでよくわかります、わかりますとも」という共感を届 …

no image

ヴィッセル神戸ファン必携の名刺を持つ長田の医者とは!?

田中先生にブロガー名刺を納品してきました。 高級感あると、お褒めいただいております。ありがとうございます。 ・【ヴィツセル神戸のブロガー名刺】(がんばれ!ヴィッセル神戸) 先生も、いま、サッカーの練習 …

no image

五七調とコピーライターの仕事と

風邪と花粉で鼻水と鼻をぶつけて鼻血まで春は花だと言うけれど鼻が鼻がで日が暮れた — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月30日 「海は広いな大きいな」に代表されるよう …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly