川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会 業務日記

温度と思い出を共有していく熱い仲間たちと ~チキンジョージでの最高の夜を過ごして

投稿日:

チキンジョージでのイベントを無事に終えることができた。とても盛り上がった。来ていただいたみなさんに、舞台に立っていただいた方々にたくさん助けていただいた。心から感謝。

イベントの作り込みに、何か月も前から様々な準備と想像を要した。ぎりぎり直前まで、もっと出来るのではないかと意見をぶつけあえたし、動けない人間が現れるとそれを誰かが助けるというチームワークも発揮することができた。去年に引き続き、今年も最高の仲間と一年を過ごすことができた。人見知りをする僕にとって、「仲間」と呼ぶ存在は本当に貴重なものだ。それだけのものを与え合えた関係になれたと言い切れることのできるのが嬉しい。

wpid-20160315103552.jpg

うちの会社にはこのチームワークがない。ひとつの方向に向かって、皆それぞれが責任をもって計画的に動いていくということができていない。同友会の活動で体感したそのままを自社で行うためにはどうすれば良いのだろうと、いつもそればかりを考えている。同じように熱くなりたい。「あれをやりたい、これをやってみたい」という自発的な意見があって、それぞれの得意不得意をカバーしあって動いていく。失敗したってかまわない。言われたからやるだけ。仕事と作業の違いを繰り返し説いても、届かない。この生ぬるい感じを生み出しているのは自分自身の責任だということはわかっている。わかってはいるけれど、苦しい。熱さを知れば知るほどに、だ。

みんなでやれば簡単なこともある。そして、自分ひとりでやってしまった方が簡単なこともある。チームである以上、自分ひとりでやってしまってはならず、待ち続けなければいけないこともある。待ち続けるために必要なことは「失敗しても良い」というメッセージを投げ続けるだけなのだと考えている。熱くなりたい。繰り返し何度も思う。その温度と思い出を共有していくことのできる関係を、熱い仲間たちだと呼び合いたい。

Google

Google

-同友会, 業務日記

執筆者:

関連記事

no image

たくさんの人に批判されている内容に耳を傾けず、たった一人の言葉を「腑に落ちた」と拠り所にして、現状から目を背けていくことについて

たくさんの人に批判されている内容に耳を傾けず、たった一人の言葉を「腑に落ちた」と拠り所にして、現状から目を背けていく。結果、自分にとって都合の良い言葉(と人)だけが残り、人間関係がやせ細っていくのは、 …

no image

喜んでほしい、笑ってほしい、楽しんでほしいという一心は、遠回りをすることはあっても、必ず届くんだね

無から有を創り出すクリエイターの方々の話を聞くと「よーし自分も」と行動のエネルギーをもらうことができる。数字だとか人間関係だとか、生々しいリアリテイに追われる日常ではあっても、生き方の姿勢には商売を営 …

アヒルたちに学ぶ差別化のための自己開示

ベンチに座って遠くを眺めているだけで、アヒルたちは期待の顔をして近付いてきてくれる。 ベンチに座るのは、何かを与えてくれる優しい人たちだということを知っているのだろう。あいにく、何も持ち合わせていない …

ブログを書き続けて発信することのメリット ~大きな旗を振れば、遠くへも近くへも届く

高温注意情報が発表される、暑い。 僕の運営するコトバノというブログでは、季節に関する話題も紹介するようにしている。「うだるような暑さですね」という会話をしたくなるこんな日は、梅雨明けを待ちきれないセミ …

no image

クライアントという言葉を「お客さん」と言い換える効果

零細企業や小さなお店の方を対象とした講演会。コンサルの方の話を聞いた人のひと言が全てだなぁと感じた。「カタカナばかりで、病名かと思いました」 ▼ 「クライアント」という言葉を使えば、途端に「してやって …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly