川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

器は小さくて、雨に救われて、長い長い夜

投稿日:2016年5月27日 更新日:

「自分はプライドを大事にしているんだな」と気付いた風に話しているときは、大抵、自分の器の小ささを知ってそれを隠そうとしているときだ。隠そうとして綺麗な言葉を使う、そんな自分は卑屈だと思う。

悔しさはやがてバネになる、わかってる。ただ、そのバネになるまでの時間が辛い。「なる」ではなく「する」もの。それもわかってる。切り替えるまでの時間を短縮できるような心構え、僕はそれを身に付けていかなければならない。

雨の夜、ちっぽけな自分のことに苦しむ夜。月に照らされたら酷い顔をしていたのだろう。雨に救われて、長い長い夜。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

かのイチローもこよなく愛した。

あづまやの海老カレー丼@明石市朝霧 甘辛くて、テンコ盛り。気持ち良く汗をかきたい、夏になると食べたくなります。

息抜きプラモデル。

ほんの息抜きのつもりが…。 山陽電車のBトレイン。細かいとこまでしっかり作りこまれていて感動しました。

no image

「淋しいですよね」 ― 陰口を連鎖させない、ツキを増やす言葉。

「西端さんのことをこんな風に言っていますよ」 そんな話を複数の人から聞くようになった。最初はそれに腹も立てていたが、色々な人が同じようにそれを伝えてくれるということは、結果、その方々は自分を支持してく …

no image

ハサミと包丁が飛び交う兄弟喧嘩 -健康保険証を求めて。

古田選手のblogを読んで。 ワイドショーと報道番組の垣根が確かになくなってきているように思う。節操ないというか、くだらないというか。 若貴がどうしたの、こうしたの。 テレビ、それも、報道番組の役割っ …

no image

ときどき人を刺している。

「女性は子供を産む機械」  「辞めろ」 ならば。 「子供作ったらいいじゃないですか?」 「お子さんまだですか?」 とて。 他人を傷付けるという意味では同じこと。 いろんなモノサシ、いろんな全力疾走。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly