川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

器は小さくて、雨に救われて、長い長い夜

投稿日:2016年5月27日 更新日:

「自分はプライドを大事にしているんだな」と気付いた風に話しているときは、大抵、自分の器の小ささを知ってそれを隠そうとしているときだ。隠そうとして綺麗な言葉を使う、そんな自分は卑屈だと思う。

悔しさはやがてバネになる、わかってる。ただ、そのバネになるまでの時間が辛い。「なる」ではなく「する」もの。それもわかってる。切り替えるまでの時間を短縮できるような心構え、僕はそれを身に付けていかなければならない。

雨の夜、ちっぽけな自分のことに苦しむ夜。月に照らされたら酷い顔をしていたのだろう。雨に救われて、長い長い夜。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

永遠の0(ゼロ) / 百田尚樹著、読了。

ワールドカップで、日本という国が一つになった時だから。 暑い夏を迎える、いま、この時だから。 たくさんの火とに読んで欲しい本だと思った、涙をこぼしながら。 海に散った、サムライたちの物語。 海から帰っ …

no image

夏至の日の出席シール

コピーなどの短文を書く仕事もあれば、エッセイや鑑賞文など長文の仕事を請けることもある。 書いた文字数を400で割れば原稿用紙に換算できるので「今日は何枚分の仕事をした」と一日を振り返りやすい。単純な数 …

切実。

 

no image

相手が求めているのは共感だろうか、答えだろうか、いつもリアクションは同じではないだろうか

悩みごとの多くは「共感」してあげられるけど、「解決」に近付くきっかけになろうと思うと、他責ではなく、自責の話になっちゃうんだな。共感だけを求められていて自責の話をすると、反論が返ってきてしまう。だから …

no image

明石海苔の鍵庄さんで今年も川柳コンテストの審査員をやらせていただくので、みんな応募しちゃってください

意外に知られていないのが海苔の養殖量、兵庫県は佐賀県に次いで2位であるという事実。全国のおよそ2割程度が兵庫県で養殖されたものだ(農林水産省の漁業養殖量統計調査より)。 明石の海苔はうまい。そして明石 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly