川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

器は小さくて、雨に救われて、長い長い夜

投稿日:2016年5月27日 更新日:

「自分はプライドを大事にしているんだな」と気付いた風に話しているときは、大抵、自分の器の小ささを知ってそれを隠そうとしているときだ。隠そうとして綺麗な言葉を使う、そんな自分は卑屈だと思う。

悔しさはやがてバネになる、わかってる。ただ、そのバネになるまでの時間が辛い。「なる」ではなく「する」もの。それもわかってる。切り替えるまでの時間を短縮できるような心構え、僕はそれを身に付けていかなければならない。

雨の夜、ちっぽけな自分のことに苦しむ夜。月に照らされたら酷い顔をしていたのだろう。雨に救われて、長い長い夜。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

経験談を語る年上は、価値を下げることが多いから。

経験談は、上手に語らないと相手を戸惑わせるだけだ。 「教えてあげたい」という年上の気持ちは理解できる。ただ、苦労話や成功体験などは、相手が挫折しているときにヒントを与える意味でのみするべきで、その空気 …

水槽前の午後はゆりかご。

今日も水槽をいじってみたり。 柔らかい水の音を聞きながら魚たちを眺めていると、夢まではあっという間。

no image

ひとを壊し始めた言葉の贈り物。

「うちの会社、こういう状況なんですよね。まいっちゃうなぁ」 そんなこぼし方をされた時は、「聞いてほしい」のシグナル。同意してあげると喜ばれる。アドバイスをしてはいけない。 「Aさんだったら、こういう時 …

二十歳も離れた恋人からの贈り物。

ゆりちゃんへ プレゼント、ありがとう。 とってもうれしいです、ネクタイ、ずっと大切に使わせてもらいます。これで、すこしはかっこいいおじちゃんになれるかなぁ? また、おじちゃんと、お父さんと、ゆりちゃん …

お呼ばれサポート。

パソコンたちのお医者さん(何でも屋)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly