川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

経営者であるよりも前に、商売人でありたい ~泣き虫でありたくて

投稿日:

仮説を立てる、そして実行して結果を出す。このプロセス自体が僕の「ノウハウ=商品」となって、お客さんに選んでいただくための材料の一つとなっていく。風が吹けば飛ぶような小さな小さな存在は、こうやって自分の出した結果をカタチにしていくことでしか評価は得られない。知識ではなく、経験を売る。

引用元:経営者に評価されるための仕事をするのでなく、お客さんに選ばれてこそ ~仮説を経験に、商品に | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

知識を売るのではない。僕は自分の体験してきたことををわかりやすい言葉で伝え続けて、ひとのお客さんの役に立つ生き方をしていきたい。ずっと商店街で商売を営んできた父の背を見て育った自分には、「八百屋さんに野菜の売り方を販促云々語るなら、農家の方に会いに行って市場に行って、自分で店を構えて八百屋さんをまずはやってみなさい」というのが第一だ。語るだけなら甲子園球場のライトスタンド。経営をコンサルティングする人は星の数ほどいても、フィールドに立ってボールを追いかけたことのある人は少ない。僕は経営者であるよりも前に商売人でありたい。

格好の良いことを言っているのかもしれないが、経験で選ばれるようになるためには、自分の経験そのものをセオリーにしなければならない。共感できる物語にして伝えなければならない。「あなたはそれでいけたのでしょう、私には無理です」では、セオリーとはいえない。伝えて、動き始める。動いてもなかなか結果が伴わなかったり、予定していたペースよりも、伴うべきものが遅れているときはいつもとても緊張する。だから、とあるポイントにたどり着いたときはやっぱり感動して泣いてしまう。結果が出てよかった。この場にいて、この人の商売を応援させてもらって、ほんとうによかった。父の子で良かったと、出生の歴史にまでさかのぼって、色々なことに感謝と感激をする。何度体験しても、お客さんと一緒に感動を共有できるのは素晴らしいものだ。情けないくらいに泣き虫になる。

やりたいこと、やらなければいけないことの優先順位を決めて、意識はもう、ここから3年くらい先の時間に向けていきたい。断ることは断って、受けることは即答。お客さんとの時間を大切にする。

引用元:断ることは断って、受けることは即答。目標、体力、時間、そして大切にしたい人のこれから | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

時間は限られている。感動を共有できること、感動を創造できることは、僕のライフワークだ。だれに、どれだけの時間を向けて、どの結果に責任を持っていくか。自分の言動に責任をもって、そうして、いつまでも泣き虫でありたいと思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

カタカナの肩書きに対する僕の矜持、この人を選んで良かったと思う僕の誇り

投げるだけ投げて、決定を相手に促す。決めることは経営者(事業主・起業家)の仕事で、自分が関わりすぎてはいけない範囲であると認める。 どんなときに、どんな心境で「あの」文章を書いているのかと尋ねられる。 …

no image

縁や相性というものは踏み込むべきではない領域を共感しあえるかどうかで決まる

僕たち中小零細企業の実務では、契約書によって取り決めが行われることは滅多に無く、信義則によって約束の交わされることがほとんどだ。 言葉にしてしまうと、途端に、言葉の限定的な世界に閉じ込められてしまうも …

no image

本気の悔し涙を流せたことが、僕の仕事の誇りなのだと思った

11年目の新しい期が始まったその初日にトラブルがあった。 テキストもテキストを飾るデザインも、一体となってメッセージ。不本意に削られたり手を加えられたりしたものは、真意から遠ざかる。真意ではないものに …

no image

組織として築き上げていくために。

入社予定のNに課題をメールで指示&電話フォロー。 お客さんのところに出向いて、気持ちよく応対出来る人間力を養ってほしいと思う。そのために必要な知識、技術は、入社までにカリキュラムを組んで提供していく予 …

no image

僕が「ビジネス」と「クライアント」という言葉を使わない理由 ~商売人の矜持

「ビジネス」と「クライアント」という言葉は、どちらも相手に対する自分の立場を勘違いさせてしまいそうな危うさを持っている気がして、僕は使わないことにしています。「ビジネス」ではなく「商売」で、「クライア …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly