川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

Googleの検索結果の上位で表示されるということ、小さな会社がそれによって得られる効果

投稿日:2016年7月4日 更新日:

「足らない 足りない」で検索をすると、4日前に書いたばかりの記事は、もう、Googleの1ページ目に表示されるようになっている。

ブログは育てるもの。継続していると、Googleも高く評価をしてくれるようになって、記事をアップした直後に上位で表示されるようにしてくれる。どれだけ良い商品やサービスを提供していたとしても、その存在を未知のお客様に気付いてもらえなければ意味がない。こうして、【検索される書き方を継続】して【検索の上位で表示されるメリットをまず自分が体感】することを繰り返すことで、ここ数年、広報のコンサルティング、ブログの書き方のレクチャーや講義講演のお仕事をいただけるようになってきた。知識を売るのではなく、体験を売る。語る以上は、結果を出さなければならない。「ここに、こんな僕たちがいますよ」と旗を振ることは、とても大切なことだ。僕はこうやって結果を出す。だからあなたもこんな風にして、一緒に旗を振って結果を出しましょう。それが僕の役割。仕事の考え方。

仕事を一生懸命にするのは当たり前。その一生懸命な表情を伝えて、共感を呼ぶためにはどうすれば良いのか。ブランディングっていうのはつまり、方法と感情の組み合わせの検証、そして継続によって得られる「結果」なのだろうな、と考えている。身をもって示す。ただただ、僕の信じて続けていること。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

五七調とコピーライターの仕事と

風邪と花粉で鼻水と鼻をぶつけて鼻血まで春は花だと言うけれど鼻が鼻がで日が暮れた — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月30日 「海は広いな大きいな」に代表されるよう …

no image

咄嗟に出るひと言、一瞬で伝わる人の本質

名言のようないいことは、落ち着いたときに考えて書ける。一方で言動は咄嗟に出る、出さなくちゃいけない。その違い。一瞬に人の本質が出る。一瞬で人の本質は見透かされる。一瞬の価値を忘れてはいけない。一瞬の価 …

期待の下を潜ってしまう残念と、虫たちの見上げて歌う秋空と

社内のこと。 期待値を下げて跳び越えてきやすいようにしていたのに、その下を潜ってきたことは残念だった。すべての指示を出してしまえば指示待ち人間になってしまうし、黙っていれば伝わらない。想像をすることが …

no image

理屈や理論ではなく感情でひとは動く ~販促のテクニックよりも先に、共感という原点をいま

伝えているつもりでも、伝わっていなければ意味がない。伝えているつもりでも、誰もいないところで旗を振っても仕方がない。売ろうとする気持ちは見透かされてしまう。理屈や理論ではなく、感情でひとは動く。 上か …

no image

名刺だって、面白くていいじゃない。

ブロガー名刺 送料も消費税も、全部込みで1000円。QRコードもお付けします、ブロガー同士のオフ会でどうぞご利用ください。 === ※唐突な投稿ですが、実はこれ、あるシステムのテスト投稿なのでした(汗 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly