川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

Googleの検索結果の上位で表示されるということ、小さな会社がそれによって得られる効果

投稿日:2016年7月4日 更新日:

「足らない 足りない」で検索をすると、4日前に書いたばかりの記事は、もう、Googleの1ページ目に表示されるようになっている。

ブログは育てるもの。継続していると、Googleも高く評価をしてくれるようになって、記事をアップした直後に上位で表示されるようにしてくれる。どれだけ良い商品やサービスを提供していたとしても、その存在を未知のお客様に気付いてもらえなければ意味がない。こうして、【検索される書き方を継続】して【検索の上位で表示されるメリットをまず自分が体感】することを繰り返すことで、ここ数年、広報のコンサルティング、ブログの書き方のレクチャーや講義講演のお仕事をいただけるようになってきた。知識を売るのではなく、体験を売る。語る以上は、結果を出さなければならない。「ここに、こんな僕たちがいますよ」と旗を振ることは、とても大切なことだ。僕はこうやって結果を出す。だからあなたもこんな風にして、一緒に旗を振って結果を出しましょう。それが僕の役割。仕事の考え方。

仕事を一生懸命にするのは当たり前。その一生懸命な表情を伝えて、共感を呼ぶためにはどうすれば良いのか。ブランディングっていうのはつまり、方法と感情の組み合わせの検証、そして継続によって得られる「結果」なのだろうな、と考えている。身をもって示す。ただただ、僕の信じて続けていること。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

神戸の販促支援、神戸の広告や広報のプロとして御免被りたいこと 〜飛行機で行くのも、鉄道で行くのも

飛行機で行くのか、鉄道で行くのか。 目的や考え方によって手段は異なるだろう。どちらが正解というものでもない。ただ、航空会社の人は飛行機を、鉄道会社の人は鉄道を選ぶ。自分たち自身が自分たちのサービスの最 …

no image

そとの人間が作用することで、そとに向けて発信するものを面白く作るだけではなく、なかの雰囲気を変えることにも貢献したい

明石公園を一周して、どの桜が開いているかを観察する朝の習慣。今年は2本、もう、待ちきれず、空に薄紅を浮かべている。同じ場所にいて、慌てて咲いてしまう子たちは、他の子たちと何が違うのだろうと想像するのが …

no image

にんげんを磨くための商売を。

土曜日ながら、昼からいくつか電話。 台風接近の最中、夕方からは近所の神社へ打ち合わせに。気に入っていただけて、これから、色々お仕事をいただけることになりました。感謝。 「近所のお仕事」をさせて頂けるっ …

no image

ナイフとライフルだって得意な神戸の制作会社。

night garden > reboot Kenny Seedさんのblog。こちらのblogの「ロゴ」を、当社で制作させていただきました。 >該当記事:「ロゴ」をつくって頂きました。 === 当社 …

台風接近の中を出社する人を「ブラック企業」と嘲笑う風潮と責任感について

「台風の近づくなかを出勤する日本人はどうかしてる」「そんな会社はブラックだ」という言葉に頷くためには、僕は嵐のなか、たとえば電気が使えなくなったり水道が使えなくなったりすることも許容しなければならない …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly