川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

Googleの検索結果の上位で表示されるということ、小さな会社がそれによって得られる効果

投稿日:2016年7月4日 更新日:

「足らない 足りない」で検索をすると、4日前に書いたばかりの記事は、もう、Googleの1ページ目に表示されるようになっている。

ブログは育てるもの。継続していると、Googleも高く評価をしてくれるようになって、記事をアップした直後に上位で表示されるようにしてくれる。どれだけ良い商品やサービスを提供していたとしても、その存在を未知のお客様に気付いてもらえなければ意味がない。こうして、【検索される書き方を継続】して【検索の上位で表示されるメリットをまず自分が体感】することを繰り返すことで、ここ数年、広報のコンサルティング、ブログの書き方のレクチャーや講義講演のお仕事をいただけるようになってきた。知識を売るのではなく、体験を売る。語る以上は、結果を出さなければならない。「ここに、こんな僕たちがいますよ」と旗を振ることは、とても大切なことだ。僕はこうやって結果を出す。だからあなたもこんな風にして、一緒に旗を振って結果を出しましょう。それが僕の役割。仕事の考え方。

仕事を一生懸命にするのは当たり前。その一生懸命な表情を伝えて、共感を呼ぶためにはどうすれば良いのか。ブランディングっていうのはつまり、方法と感情の組み合わせの検証、そして継続によって得られる「結果」なのだろうな、と考えている。身をもって示す。ただただ、僕の信じて続けていること。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

完璧を求めないで、60点で走り出すこと ~それはスプーンとチャーハンの関係にも似ていて

考えすぎて動けなくなるというのはありがちで、60点で走り出して、あとは軌道修正をしていこうという話を社内ではよくする。 0から60になるまでの時間と、60から100になるまでの時間は、数字の距離だけで …

no image

にんげんを磨くための商売を。

土曜日ながら、昼からいくつか電話。 台風接近の最中、夕方からは近所の神社へ打ち合わせに。気に入っていただけて、これから、色々お仕事をいただけることになりました。感謝。 「近所のお仕事」をさせて頂けるっ …

no image

不器用は不器用なりの「まだまだ」を求めて

いろんな方に気遣っていただき感謝。人を育てる、人材育成って言葉は正直好きじゃない。僕は僕の、僕は僕たちの「まだまだ」を指摘してくださる方々に謙虚に耳を傾けて、そのメッセージにちゃんと反応する姿勢を見せ …

no image

語尾に「い」をつけてみる。

初対面の相手には、どうしても警戒心が働いてしまって上手にコミュニケーションを取れないことがある。 そういうときは、(実際に声に出さないでもいいので)  語尾に「い」をつけてみる 「はじめまして、お世話 …

no image

組織として築き上げていくために。

入社予定のNに課題をメールで指示&電話フォロー。 お客さんのところに出向いて、気持ちよく応対出来る人間力を養ってほしいと思う。そのために必要な知識、技術は、入社までにカリキュラムを組んで提供していく予 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly