川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ねばねば星人の足下は粘着質でドロドロしている

投稿日:

この数ヶ月、広報や広告、ブログ運営の相談や書き物のご依頼が急増している。決算書類も作らなければいけないし、8月は一年に一度制作を行う大きな仕事も待っている。人前で発表する機会もいただいたし、司会やセミナー講師のお仕事も引き受けることになった。

一つずつ丁寧にこなしているつもりだが、丁寧を意識すると「遅い」ということになりかねないし、新しいことに意識を向け過ぎれば「軽薄になった」と言われかねない。仕事の山が減っていく気がしなくて、「今まで」と「今」と「これから」のバランスに苦しんでいる。変な動悸と耳鳴りと。タフなようでいてプレッシャーには弱く、心が身体に影響を及ぼしている良くない状態。山積みを付箋に書き出して、ちゃんと整理していかなければならない。後回しがプレッシャーを加速させる。

自分なんかよりもよっぽど忙しくされているのに、余暇も楽しんで、人付き合いも上手にされている方がいる。考えてから動き出すのではなく、動きながら考える習慣はいつも見習おうと思うのだけれど、僕はこうしてまた、「ねばならない」という語尾だけで動いていない。この一瞬の違いが大きいと分かっているのにね。

ねばねば星人の足下は粘着質でドロドロしている。時間が欲しければ動き出せという声が聞こえてくるね。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

二つ折り名刺の功罪 ~名刺は穴埋め問題を作るように、渡す自分ではなく渡される相手のことを

対価を得ている以上はプロなのだから、表現するものに理由があるのは当たり前のこと。ただ、その理由や理屈を説明して納得させるのはいかにも机上の空論という感じがしてしまうので、相手の感性に訴えかける「たとえ …

no image

ラーメンを食べたい気持ちにさせる広告とは。

仕事だから、責任とプライドを持って取り組みます。 でも、プロだからとて、押し付けはしません。いつだって心がけていたいのは、気持ちのいい接客。 お客様があってこその私たちです。 ところで。 『ラーメンを …

no image

ビジネスと商売の違い ~父が死んでいなくなったということを実感するとき

大きな企業で働いていて、脱サラして起業する。親御さんが商売をされていて、その背を見て自分も商売人になった。 同じ商売人でも、そこに至るまでの人生は様々だ。ただなんとなく、前者は「ビジネス」という言葉を …

ブログを書き続けて発信することのメリット ~大きな旗を振れば、遠くへも近くへも届く

高温注意情報が発表される、暑い。 僕の運営するコトバノというブログでは、季節に関する話題も紹介するようにしている。「うだるような暑さですね」という会話をしたくなるこんな日は、梅雨明けを待ちきれないセミ …

no image

理屈や理論ではなく感情でひとは動く ~販促のテクニックよりも先に、共感という原点をいま

伝えているつもりでも、伝わっていなければ意味がない。伝えているつもりでも、誰もいないところで旗を振っても仕方がない。売ろうとする気持ちは見透かされてしまう。理屈や理論ではなく、感情でひとは動く。 上か …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly