川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ねばねば星人の足下は粘着質でドロドロしている

投稿日:

この数ヶ月、広報や広告、ブログ運営の相談や書き物のご依頼が急増している。決算書類も作らなければいけないし、8月は一年に一度制作を行う大きな仕事も待っている。人前で発表する機会もいただいたし、司会やセミナー講師のお仕事も引き受けることになった。

一つずつ丁寧にこなしているつもりだが、丁寧を意識すると「遅い」ということになりかねないし、新しいことに意識を向け過ぎれば「軽薄になった」と言われかねない。仕事の山が減っていく気がしなくて、「今まで」と「今」と「これから」のバランスに苦しんでいる。変な動悸と耳鳴りと。タフなようでいてプレッシャーには弱く、心が身体に影響を及ぼしている良くない状態。山積みを付箋に書き出して、ちゃんと整理していかなければならない。後回しがプレッシャーを加速させる。

自分なんかよりもよっぽど忙しくされているのに、余暇も楽しんで、人付き合いも上手にされている方がいる。考えてから動き出すのではなく、動きながら考える習慣はいつも見習おうと思うのだけれど、僕はこうしてまた、「ねばならない」という語尾だけで動いていない。この一瞬の違いが大きいと分かっているのにね。

ねばねば星人の足下は粘着質でドロドロしている。時間が欲しければ動き出せという声が聞こえてくるね。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

貼らないカイロが貼るカイロになって、また貼らないカイロになる ~ホッカイロを開発した白元の経営破たん

貼らないホッカイロという商品名を見て、それは普通のカイロのことだろうと思った。ああそうか、「貼るタイプ」が世に出回って、一周まわって「貼らない」と明示する必要があるのだと気がついたのはしばらくして。 …

no image

商売に勝ち負けを持ち込んではならない、商売とは生かされているということ

商売っていうのは、生かされているということを知ることだ。与えて、与えて、与えて、そして見返りを求めない。気が付けばいつの間にか利益がついてくるような姿勢を貫くこと、徹底すること。商売とビジネスは違う。 …

no image

役割が人を育てるのならば、世代交代の進む制度を採り入れるべきではないか

「こちらも次代に託していきたい頃だ」と新聞記事にあるのを読んで「まだやるつもりなのか」と思ってしまった。悪い人だとは思わないし、リーダーとしても学ぶべきところがたくさんあるのだけれど、「役割が人を育て …

no image

商売繁盛をさせたい川柳家、コピーライター、社長業。

本日アップした、ふあうすと2007年6月号に掲載して貰った川柳と、8月号で掲載して貰う予定の川柳は、少しだけ意識して、「心の領域を違う角度から表現する」ということに挑戦してみました。 文芸を趣味とする …

no image

有り難きありがとうに心をこめて

2月は日数が少ないうえに、月の半ばに祝日まである。そして年度末の慌ただしさも重なって、毎年、ほとんど記憶に残らないまま時間だけが過ぎていくような気がする。 一般社員として前川企画印刷に入社したのが10 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly