川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ねばねば星人の足下は粘着質でドロドロしている

投稿日:

この数ヶ月、広報や広告、ブログ運営の相談や書き物のご依頼が急増している。決算書類も作らなければいけないし、8月は一年に一度制作を行う大きな仕事も待っている。人前で発表する機会もいただいたし、司会やセミナー講師のお仕事も引き受けることになった。

一つずつ丁寧にこなしているつもりだが、丁寧を意識すると「遅い」ということになりかねないし、新しいことに意識を向け過ぎれば「軽薄になった」と言われかねない。仕事の山が減っていく気がしなくて、「今まで」と「今」と「これから」のバランスに苦しんでいる。変な動悸と耳鳴りと。タフなようでいてプレッシャーには弱く、心が身体に影響を及ぼしている良くない状態。山積みを付箋に書き出して、ちゃんと整理していかなければならない。後回しがプレッシャーを加速させる。

自分なんかよりもよっぽど忙しくされているのに、余暇も楽しんで、人付き合いも上手にされている方がいる。考えてから動き出すのではなく、動きながら考える習慣はいつも見習おうと思うのだけれど、僕はこうしてまた、「ねばならない」という語尾だけで動いていない。この一瞬の違いが大きいと分かっているのにね。

ねばねば星人の足下は粘着質でドロドロしている。時間が欲しければ動き出せという声が聞こえてくるね。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

経営者であるよりも前に、商売人でありたい ~泣き虫でありたくて

仮説を立てる、そして実行して結果を出す。このプロセス自体が僕の「ノウハウ=商品」となって、お客さんに選んでいただくための材料の一つとなっていく。風が吹けば飛ぶような小さな小さな存在は、こうやって自分の …

no image

負のスパイラルからの脱出

「日本が勝った」とか「日本人がノーベル賞を受賞した」とか、世界に日本の何かが認められると心が揺さぶられて涙が溢れてくる。何かを無性に頑張りたくなってくるのだけれど、「何か」と書いている時点で、熱は一瞬 …

no image

好対照なふたつを伝えるとき、自分の価値を下げないために使うべきではない言葉

117と177はどちらが天気予報でどちらが時報だったか。覚え方には色々あるけれど、無理に両方を覚えようとせずとも、一方だけをちゃんと記憶しておけば答えは導き出せる。 他を蔑むことが差別化なのだとすれば …

no image

神戸で一番さん付けをされる会社になれば、ブランディングは成功したと言えるのだろうか

前川企画印刷のことを、「神戸で一番さん付けをされる会社」だと僕は書いて、その理由を問われる会話の流れに持ち込もうとする。答え方はいつも決まってる。「実際に前川企画印刷で検索してみてください」 流行りの …

no image

僕が投げ返しやすい場所に投げてくれた、オリンピック代表とのキャッチボールの思い出

チャーハンに対する好みは人それぞれだ。 彼がうまいと評するあのお店のチャーハンが、彼女からは酷評されることもある。それでも店主は、味付けを変えることはしない。一つの意見に媚びるのではなく、自分の味を貫 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly