川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

お客さんの根っこに関わるということは、お客さんの喜怒哀楽も一緒に背負うということで

投稿日:2016年7月20日 更新日:

お客さんの数が増えて、お客さんの根っこ(売上や利益)の部分に深く関係していくようになるということは、その分だけ、目標や問題に一緒に向き合っていくということで、とても疲れるし、喜怒哀楽の様々を背負い込んでいくことを意味するわけだけど、ただただ単純に、結果が出ると本当に嬉しいよね。その瞬間に立ち会えるのは何年やってても涙が出る。よし、次も頑張ろうという気持ちになる。

必要としてくださったこと、自分という人間を広報のパートナーに選んでくださったことを今は、ただただ感謝するばかり。僕たちの仕事は、徹底した挑戦と継続、そして感謝の繰り返しで構成されているのである。感涙。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

育むべきキャリアの中で大切なこと。

「客」だとか「クライアント」だとか。 そういう言葉をやめて、「お客さん」と呼んでみればいい。 ちょっと、見えてくると思いますよ。 自信は大切、でも、過剰は禁物。

no image

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか ~循環は、はじまりの一点から

「こんな風に真剣になっている横顔を撮影してあげたいな」とか「この笑顔を写真にしてあげると喜ばれるんじゃないかな」だとか。あるいは「この素敵な人柄を、こんな文章で紹介してみせよう」なんかも。 自分の表現 …

no image

眠くならない会議、熟成されていく言葉

今日は三宮のセンタープラザの会議室。ここも初めての場所で、辿り着くまで緊張した。ジュンク堂に寄って詩集を購入。心の仕入れ、大切な時間。 pic.twitter.com/CBCTzeWnY3 &mdas …

no image

今日もたくさんのありがとうを言える一日でした。

顧問税理士である川口さん(須磨区)と食事に行ってきました。 帳簿を見ては一喜一憂…。そんな経営者にとって、税理士は、自分の経営判断が正しいかどうかを客観的に評価してくれる頼もしくも怖い(?)存在なので …

知識と知恵の違い ~正論も間(ま)を読まなければ通らない

「Facebookでこういうサービスが流行していますが、SPAMアプリの可能性がありますので十分注意しましょう」っていうのはなるほど、確かに正しい知識。ところが、事実を知っていてもあえて書かない人がい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly