川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

wantに応えられるブログ記事を用意しておくのはおもてなしの気持ち ~秋になるとアクセスの増える記事たち

投稿日:2016年7月22日 更新日:

毎日欠かさずブログを更新していると、検索から、色々なキーワードで人が訪れてくれるようになる。ひとが検索に向かうときは何かしらのwantがあるとき(want,want to do,want to know…)。そのwantに応えられるコンテンツを用意しておくというのは、お客様をどんな風にお迎えしようかと想像するおもてなしの感覚。想像通りに人が満ちていく、記事たちの小部屋を眺めていると幸せな気持ちになる。

盛夏、とはいえ、夏至を過ぎれば少しずつ秋へと向かっていく。そんな変化は、どのブログ記事にアクセスが増えているかを眺めているだけで感じることができて面白い。

7月の後半になってアクセスの増えた記事たち。

アンデスメロンの名前の由来 ~アンデス産ではなくダジャレだった | コトバノ

メロンにはナトリウムを排泄する作用があって、腎臓の良くなかった父は好んで食べていたことを思い出す。そのアンデスメロンの由来がダジャレだったということについて。

「天高く馬肥ゆる秋」の本当の意味は、のんびりしたものではなかった! | コトバノ

「秋味(あきあじ)といえば秋刀魚だよね」という表現が誤りである理由 ~秋味とは | コトバノ

「爽やか(さわやか)」の意味と使い方に注意 ~「風薫る爽やかな季節となりましたが」はOK? | コトバノ

秋といえば食欲。そして爽やかな風、のんびりと流れる雲。このあたりの連想から言葉の使い方について検索する人が増える。

夏の終わりに聞こえる虫の声は? ~閻魔コオロギ? エンマコオロギ? | コトバノ

秋は音の美しい季節だなぁといつも思う。見えなくても在る。その存在について、「夏の終わり 虫」「夏 鳴き声」などで検索されるのではないかと想像して書いた記事。同じ情調に浸る人たちがいるのだと思うと、書き手冥利に尽きるというものである。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

選ぶのも自己責任、選ぶのもセンス。カタカナにお金と時間を費やすな。

経営者の仕事は「決める」ことだから、何かを決めて受け入れたのならば、それはもう経営者自身の責任である。騙そうという意図で近づいてきた人がいても、受け入れたのは自分の判断。騙す人間は許されるものではない …

no image

神戸の前川企画印刷、新サービスのキーワードは「禁煙」。

ところでこの秋、神戸の前川企画印刷。 立て続けに、新しいサービスを始めます。デザイナー泣かせの、オリジナルデザイン名刺が100枚で1000円のブロガー名刺は勿論これからもデザイナーを泣かせ続けるための …

no image

お店や会社の入口に! 動画で紹介するカッティングシートの上手な貼り付け方

カッティングシートは「貼り付けるのが面倒」「どんな風にデザイン・印刷・注文して良いかわからない」という問題がありますが、神戸の前川企画印刷では、失敗しないように、シートを分割して制作デザインすることを …

no image

お腹を空かせている人と寿司職人と僕と親切と無責任の話

お腹を空かせている人がいたとしましょう。 僕はその人のために、友だちの寿司職人を呼ぶのです。「お腹が空いて困っているんだ。何か握ってあげてよ」 そうしてお腹が満ちたときに、僕は言います。「じゃ、支払い …

no image

継続は資産

今年になって「書く」仕事が一気に増えた。こうしてブログを書き続けているだけで、「そういう人なんだろう」と認知してくださる人が増え「そういう人がいるらしい」とクチコミをしてくださる人がいる。継続はチカラ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly