川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

赤か黒かでいえば赤ではないですよ、程度のものだけれど

投稿日:2016年8月17日 更新日:

一年で一番忙しくなる八月。決まって入る大きな仕事、続々いただく新しい仕事、決算書づくり。

表向き、会社を休みということにしていても、お盆休みをちゃんと取れたことは一度もなくて、渋滞の時間を避けて明け方に走ったり、パソコンにずっと向かい合ったりして過ごした。

決算関係の処理が終わって、ほっとする。税理士さんとの打ち合わせを終えた日は、いつも熱が出る。気持ちがすこしだけ緩むのだろう。今年の夏は、耳鳴り、のぼせ、不眠、瞳孔調節不全など自律神経の乱れからくる症状と、姿勢の悪さに起因する肩の痛みと腰痛に悩まされた。眠る時間を削っても仕事の追いつかない状況はどう考えても不健全で、すこしずつ、任せられることを外の人にお願いすることにも挑戦をしている。「挑戦」とあえて書くのは、やっぱり、時間と品質の管理については任せた自分に責任があるからで、それなりにプレッシャーを感じることだからだ。

6月までの期の決算を終えて、黒字であることが確定して嬉しい。赤か黒かでいえば赤ではないですよ、程度のものだけれど。

まだ夏は続く。忙しい。つまり「心を亡くして」いる。そういえばあの人との交流がないな、と、ひとが自分から去っていくことに気付くのもこの時期だ。「心をなくすな、とりもどせ」と言い聞かせる。ひと、ありてこそ。原点から見た未来の景色を、何度も何度も確かめるために戻る。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

そとの人間が作用することで、そとに向けて発信するものを面白く作るだけではなく、なかの雰囲気を変えることにも貢献したい

明石公園を一周して、どの桜が開いているかを観察する朝の習慣。今年は2本、もう、待ちきれず、空に薄紅を浮かべている。同じ場所にいて、慌てて咲いてしまう子たちは、他の子たちと何が違うのだろうと想像するのが …

no image

僕たちはいま、批判されることを回避しすぎてはいないだろうか

毎月増えていく新しい名刺。いま、出逢った人が自分の利害関係とはならずとも、目の前にいる人の先の誰かが自分の利害関係になるかもしれず、僕たちは空気の中に、お互いの親愛と尊敬を込めて言葉を選び合う。 年齢 …

no image

コピーライティングのヒントと川柳講座と 於:株式会社ジャム・デザインさん

今日は三宮のジャムデザインさんで「日常にあるコピーライティングのヒントと言葉の選び方講座」を。言葉の面白さを伝える機会をいただけるのは有り難いことです。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 ( …

no image

法人ではない個人事業主が「会社」「当社」「弊社」「自社」という言葉を用いることについて

個人事業を営まれる方から、自分のお店や事務所の呼称について相談を受けることがある。 第七条  会社でない者は、その名称又は商号中に、会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない。 引用元: …

no image

名刺交換のコツは、足し算ではなく引き算の文面にあった

一か月以上続いた咳が落ち着いたと思ったら、胃の痛みに悪寒がして発熱。病院で点滴を受けて、薬袋を肌身離さず持ち歩いた。頭のぼーっとしている時間も長くなって、月末の支払いでは必要のないところにまで振込処理 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly