川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

赤か黒かでいえば赤ではないですよ、程度のものだけれど

投稿日:2016年8月17日 更新日:

一年で一番忙しくなる八月。決まって入る大きな仕事、続々いただく新しい仕事、決算書づくり。

表向き、会社を休みということにしていても、お盆休みをちゃんと取れたことは一度もなくて、渋滞の時間を避けて明け方に走ったり、パソコンにずっと向かい合ったりして過ごした。

決算関係の処理が終わって、ほっとする。税理士さんとの打ち合わせを終えた日は、いつも熱が出る。気持ちがすこしだけ緩むのだろう。今年の夏は、耳鳴り、のぼせ、不眠、瞳孔調節不全など自律神経の乱れからくる症状と、姿勢の悪さに起因する肩の痛みと腰痛に悩まされた。眠る時間を削っても仕事の追いつかない状況はどう考えても不健全で、すこしずつ、任せられることを外の人にお願いすることにも挑戦をしている。「挑戦」とあえて書くのは、やっぱり、時間と品質の管理については任せた自分に責任があるからで、それなりにプレッシャーを感じることだからだ。

6月までの期の決算を終えて、黒字であることが確定して嬉しい。赤か黒かでいえば赤ではないですよ、程度のものだけれど。

まだ夏は続く。忙しい。つまり「心を亡くして」いる。そういえばあの人との交流がないな、と、ひとが自分から去っていくことに気付くのもこの時期だ。「心をなくすな、とりもどせ」と言い聞かせる。ひと、ありてこそ。原点から見た未来の景色を、何度も何度も確かめるために戻る。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

本音を語るためには、自分のこれまでの時間に真摯に向き合う必要があった

同友会での発表を終えた。色々な感想をいただくことができて嬉しい。感謝。 何年も前に、同友会でだらだらと会議をしていたところ、とある方が怒り出したことがある。「ここは経営者たちの集まり。それぞれの会社で …

no image

漢字の読みがな・読み方検索【Yomigana】

うちの会社では、手書きの原稿を預かって入力していくことが多い。 なんとなく入力するものの、未だに読み仮名を知らない漢字の何と多いことか…。 そんなとき、便利なのが漢字の読みがな・読み方検索【Yomig …

黄金の海原、稲美町の麦畑

稲美町の麦畑。 加古川と稲美町には大麦の畑が広がっていて、6月の半ばまでに収穫されて麦茶の原料として出荷されていくらしい。麦の色のイメージで実りは秋だとばかり思っていた。知ったのは二年前のこと。僕は冬 …

コンサルの知識よりも「中小企業の経営者はカタカナが嫌い」という想像力を大事にしたい

統計から未来を予測する技術も素晴らしいけれど、想像でひとの気持ちを読むことも否定されるようなことだとは思わない。 知識や情報を伝達するということは、たしかに商売になる。ただ、売って終わってしまってはい …

no image

ビジネスの本流には「対価」、商売の根底には「恩義」が流れている ~時間という透明な椅子

最終的には利益のために仕事をするのだけれど、仕事の姿勢としては利益のためであってはならない。利益は尻尾についてくるというのがうちの会社の考え方で、役に立ちたいという橋を繋いでいけば共存共栄の関係になっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly