川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

赤か黒かでいえば赤ではないですよ、程度のものだけれど

投稿日:2016年8月17日 更新日:

一年で一番忙しくなる八月。決まって入る大きな仕事、続々いただく新しい仕事、決算書づくり。

表向き、会社を休みということにしていても、お盆休みをちゃんと取れたことは一度もなくて、渋滞の時間を避けて明け方に走ったり、パソコンにずっと向かい合ったりして過ごした。

決算関係の処理が終わって、ほっとする。税理士さんとの打ち合わせを終えた日は、いつも熱が出る。気持ちがすこしだけ緩むのだろう。今年の夏は、耳鳴り、のぼせ、不眠、瞳孔調節不全など自律神経の乱れからくる症状と、姿勢の悪さに起因する肩の痛みと腰痛に悩まされた。眠る時間を削っても仕事の追いつかない状況はどう考えても不健全で、すこしずつ、任せられることを外の人にお願いすることにも挑戦をしている。「挑戦」とあえて書くのは、やっぱり、時間と品質の管理については任せた自分に責任があるからで、それなりにプレッシャーを感じることだからだ。

6月までの期の決算を終えて、黒字であることが確定して嬉しい。赤か黒かでいえば赤ではないですよ、程度のものだけれど。

まだ夏は続く。忙しい。つまり「心を亡くして」いる。そういえばあの人との交流がないな、と、ひとが自分から去っていくことに気付くのもこの時期だ。「心をなくすな、とりもどせ」と言い聞かせる。ひと、ありてこそ。原点から見た未来の景色を、何度も何度も確かめるために戻る。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

カタカナの肩書きに対する僕の矜持、この人を選んで良かったと思う僕の誇り

投げるだけ投げて、決定を相手に促す。決めることは経営者(事業主・起業家)の仕事で、自分が関わりすぎてはいけない範囲であると認める。 どんなときに、どんな心境で「あの」文章を書いているのかと尋ねられる。 …

表現力を磨くために大切な想像力 ~上から目線の言葉と、共感の生まれる言葉と

「言葉はいつまでも、一つの母国である。魂の連帯を信じないものたちにとっても、言葉によるつながりだけは、どうかして信じられないものだろうか?」と言ったのは寺山修司(ポケットに名言を/角川文庫)。 信念に …

no image

今日もたくさんのありがとうを言える一日でした。

顧問税理士である川口さん(須磨区)と食事に行ってきました。 帳簿を見ては一喜一憂…。そんな経営者にとって、税理士は、自分の経営判断が正しいかどうかを客観的に評価してくれる頼もしくも怖い(?)存在なので …

目標達成!一年間毎日ブログを更新して得たもの ~年間で120万人以上の方々にブログを読んでいただいた

2014年は毎日ブログを更新すると宣言して、その目標を達成することができた。 水増しされた数字ではなく、実際に計測し続けたデータによると年間のアクセスユーザー数は延べ120万人以上。ページビュー(=読 …

no image

漢字の読みがな・読み方検索【Yomigana】

うちの会社では、手書きの原稿を預かって入力していくことが多い。 なんとなく入力するものの、未だに読み仮名を知らない漢字の何と多いことか…。 そんなとき、便利なのが漢字の読みがな・読み方検索【Yomig …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly