川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会 業務日記

本音を語るためには、自分のこれまでの時間に真摯に向き合う必要があった

投稿日:2016年8月26日 更新日:

同友会での発表を終えた。色々な感想をいただくことができて嬉しい。感謝。

何年も前に、同友会でだらだらと会議をしていたところ、とある方が怒り出したことがある。「ここは経営者たちの集まり。それぞれの会社で一番給料取ってる人間が集まってるのに、時間を無駄にするような会議はやめましょうよ。時給に換算したら、いくら無駄にしてるかわかりますか?」

この言葉は本当に衝撃だった。本当にその通りだと思った。以来、行き帰りの時間や懇親会の費用もふくめて、同友会に費やすお金と時間は予算化するようにした。「学んだ」とか「刺激になった」と思われる時間ほど、感覚的になりがちで、浪費に終わってしまうことが多い。「本気」や「本音」は行動が伴ってこそ。

お越しいただく方の時間の価値を意識して、発表の準備に時間を費やした。終わって、一晩経って、熱が出た。それくらい気が張っていたということなんだろうと思う。一生懸命になれて良かった。

「商売とビジネスの違い」「与える」「続ける」「自分が商品になる」。飾り言葉をなくして、本音を伝えた。本音を語るためには、自分のこれまでの時間に真摯に向き合う必要があった。それはそれで、とても貴重な時間となった。

チャンスを与えていただいたすべての方に感謝したいと思う。商売人としての生き方を、これからもちゃんと全うしていく。

Google

Google

-同友会, 業務日記

執筆者:

関連記事

no image

川柳を通じて学ぶ、経営に生かす言葉のチカラ ~能見さんに感謝

先日同友会で「川柳を通じて学ぶ、経営に生かす言葉のチカラ」というお題で発表したところ、こんなレポートを能見さんがまとめてくださっていた。準備も含めて、費やした時間が報われるのは何よりもこういうリアクシ …

no image

帳簿を眺めつつ。

うちの会社は6月が決算。 帳簿で見る限り、どうやら社長になって一期目である今期は、黒字で決算を迎えることが出来そうな感じです。 プライベートでも何かと大変なことが続きますが、やはり、常に気にかかるのは …

no image

優しさに見える残酷、残酷に見える優しさ

ここ数年よく使うようになった言葉に「優しさに見える残酷、残酷に見える優しさ」というものがある。 こうしてあげた方が良いだろうと思って、なにかをして「あげる」。すると相手はそれを「もらう」ことが当たり前 …

no image

見えないものを売る人は、納得や共感を呼ぶための感動を最初に魅せる必要があるのかもしれない

「走るはランナーだし、歌う人はシンガーだ。でもねどう思う?あれじゃただの『ティーチャー』だよ」 Aさんが憤っている。確かに僕たちはランナーに日々の鍛練を想像するし、シンガーには美しい歌声を期待する。A …

no image

納品の瞬間まで…、プロ意識の積み重ね。

外注をお願いしている取引先に、かなり無理を言って仕事を急いで貰いました。 納期まで、一分一秒を争う仕事。お願いします、と頭を下げながらも、 (でも、どう考えてもこれだけの期間では無理だろう…) と、半 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly