川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「一緒に本でも書こうか、賞を狙おうか」 ~倒れた94歳の祖母へ、僕のルーツへ

投稿日:2016年8月27日 更新日:

昨日の同友会の発表では、自分の父親のことを話した。つまり、自分のルーツについて。

そのルーツについて話した次の日に、さらなる源流である祖母(父の母)の見舞いに訪れた。祖母はこの夏に倒れて、垂水の病院に入院をしている。94歳。耳もちゃんと聞こえているし、記憶もはっきりしている。元気な人だという印象しかなかったが、さすがに、ベッドの上で横になっている姿を見ると年齢なりの弱さや小ささを感じた。

家庭裁判所で争ったこともある。祖母とは色々なことがあった。一生会うことはないと心に決めた時期もあったが、今は定期的に、食事を一緒にする関係に戻ることができた。だからやっぱり、いまは、元気でいてほしいと願う。祖母は文章のうまい人だ。父を経て僕に、その血は何かしらの影響を与えてくれたに違いない。だからこそ余計に。

wpid-20160828110736.jpg

祖母にペンと原稿用紙をプレゼントしたことがある。「一緒に本でも書こうか、賞を狙おうか」

病院の窓には優しい光が注ぐ。祖母は天皇陛下からもらった勲章のことを自慢して話す。それでも言う。「どんな名誉や勲章も生きてこそやで。だから長生きするで、まだまだやで」。やっぱり強い人だと思った。強くありつづけてほしいと願った。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

マカロニは僕にとってアンドロメダ星雲なのだ

「マカロニサラダを食べながらマカロニグラタンが焼きあがるのを待っていたい」と書いたメモが出てきました。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年10月9日 芋に恨みはない …

no image

優先することのなかに、一つの命。

年が明けて年度終わりが近付いて、属する団体のいくつかでも新しい人事が進められようとしている。様々な打診をいただくも、自分の立場は自分だけのものではないということを常にして、迷えば、メンバーの顔と負担を …

no image

ラーメンに浮いた髪の毛と、眠れない日々の蒼い息

頼んだラーメンに髪の毛が入っていたけれど、それを注意する元気がなかった。 今年はリレーマラソンにも挑戦した、バンドでのライブにもトライした。川柳や短歌の賞もいくつかいただいたし、投資の結果も悪いもので …

no image

空っぽを満たしてくれる今日に。

帰宅して、そのまま床で寝ていた。 目が覚めて、深夜3時前。少しだけこれを書いて、ちゃんと寝なおさないと。 新家完司さんの句集「平成二十年」届く。 川柳マガジン誌上で連載されている「理論と実践」が大変わ …

静岡茶と川柳と。

静岡県通過中。 生まれたのは三島の病院。 静岡、(大学の)京都、明石。 それぞれ想いのある土地を過ぎて眺めていると、 今日はたくさん川柳が生まれてくれました。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly