川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

コピーライティングのヒントと川柳講座と 於:株式会社ジャム・デザインさん

投稿日:

三宮にある株式会社ジャム・デザインさんで言葉に関するあれこれと川柳講座を。聞いているだけでも面白くないだろうし、アウトプットの場として川柳を書いてもらうのは良かったんじゃないかな、と。皆さんそれぞれ、個性的な句を書かれていて、素直に「うまいなぁ」と思った。お伝えするこちらも必死。いい勉強になった、2時間もお付き合いいただいて感謝。

先日の発表とあわせて、2つ、重圧のかかっていたイベントを終えることができた。圧が取れた瞬間に熱を出す自分の体質は、「そういうもん」として、ちゃんとスケジューリングしてあるので大丈夫。次は10月28日の同友会青年部での発表と11月26日のライブ(バンド)演奏と続く。青年部のチラシは、シャレのつもりでこの写真を送ったら本当に採用してもらった。なんなんだこのピアノ弾きますよ、的な感じ。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

感動を共有できない「プロ」であるならば、「発展途上」でありたいと願う

何十回としている仕事なのだけれど、結果が出るまではいつも緊張する。不安があるから謙虚になれるのかもしれない。謙虚になれるから、結果が伴ったとき、新鮮な気持ちで感動できるのだとも思う。わかりきっていたよ …

no image

神戸モーニング交流会 ~異業種交流なんて堅いもんではなく~

「飲み」な付き合いばかりでは身体がー。 …では、アメリカンスタイル。経営者でも、営業マンでも、あるいは学生さんでも、誰でも、誰でも。 「交流」の中で、何かヒントを得てみませんか?? そんな、神戸モーニ …

no image

それは管理なのか、リーダーシップなのか ~血の通わない知識、涙すらも含む経験

僕たちは管理されようとすると、反発を覚えてしまう。どこかで「マネージメント」なんたらを学んできたような人の言葉を聞いて、それに素直に従えないのは、「管理するためのアクション」であることが見え隠れしてし …

no image

行動をともにした人間にだけ共感は生まれる

吐きかけられてもいない唾を「かけられた」と言えば、相手を攻撃できてしまう世の中。「かけられたんだね」と被害者を信じるのか、「あの人がそんなことをするわけがない」と相手を信じるのか。踏み絵のような毎日を …

三方よしの関係で「搾る」のではなく「永続」させる ~リストラなしの「年輪経営」/塚越寛

目に見える商品も目に見ることのできないサービスも、より良い品質のものをお客さんに提供するために協力会社さんのチカラは必要不可欠だ。 神戸の前川企画印刷では、協力会社さんのことを「業者」「下請け」と呼ぶ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly