川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

日付の伴わない「頑張る」という言葉について

投稿日:2017年1月4日 更新日:

「頑張る」という言葉は好きではない。

「いつまでに(日付)」「何をするか」という具体的な動詞が伴って、はじめて、周囲に影響力を与えることができるのだと僕は考えている。いつまでも「頑張る」を繰り返しているだけの人とは距離を置いていくべきだと思うし、具体的な日付と数字を打ち出してくれた人に、僕は全力で協力していきたいと思っている。優先順位。肩書きに縛られて誰かを守ろうとするよりも、いまは、そんな自分であることに夢中でありたい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

神戸で一番お客様主義でありたい制作会社とは。

朝から名谷のMさん宅へ原稿を受け取りに行く。 会社に戻って入力開始。事実上の仕事始めなので、取引先の方が次々と挨拶にいらっしゃった。 どうぞ今年も宜しくお願いします・・・。 どなたがお越しになるのかわ …

no image

神戸の経営者、孤独とため息とやりがいと。

中小企業家同友会のブロック会、プレミーティングに参加。 経営者は孤独という言葉を何度も聞くけれど、本音のこぼれやすいこうした小さな集まりでは、それを益々実感します。 9月には、自分が経営体験報告を発表 …

no image

管理職とリーダーシップの違い ~「俺のイエスマンになってくれ」と言った同友会のあの人は今

立場上、自分がとても言いづらいことを察してくれた方がいて、負担が減るようにと働きかけてくださっている。有り難いし、こんな風になりたいなぁと思う。イエスマンばかりでは組織として機能しないもんな。 &md …

no image

連続磁気傷害殺人事件

またやってしまったのである。 「磁気不良ですね、新しい通帳に交換しておきますので、スマホケースの磁気に気を付けてくださいね」「分かりました、お世話になりました」と笑顔で答えながら、新しい通帳にスマホを …

no image

上から目線になってしまえば誰も寄り付かなくなる ~会うことのできない人ばかりが増えて

知識を売る仕事だから舐められてはいけないと、必要以上に「上から」目線になってしまえば誰も寄り付かなくなってしまう。 肩書きや環境は人を育むけれど、勘違いさせてしまうこともある。「思い上がるな」という言 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly