川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

日付の伴わない「頑張る」という言葉について

投稿日:2017年1月4日 更新日:

「頑張る」という言葉は好きではない。

「いつまでに(日付)」「何をするか」という具体的な動詞が伴って、はじめて、周囲に影響力を与えることができるのだと僕は考えている。いつまでも「頑張る」を繰り返しているだけの人とは距離を置いていくべきだと思うし、具体的な日付と数字を打ち出してくれた人に、僕は全力で協力していきたいと思っている。優先順位。肩書きに縛られて誰かを守ろうとするよりも、いまは、そんな自分であることに夢中でありたい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

三方よしの関係で「搾る」のではなく「永続」させる ~リストラなしの「年輪経営」/塚越寛

目に見える商品も目に見ることのできないサービスも、より良い品質のものをお客さんに提供するために協力会社さんのチカラは必要不可欠だ。 神戸の前川企画印刷では、協力会社さんのことを「業者」「下請け」と呼ぶ …

no image

お腹を空かせている人と寿司職人と僕と親切と無責任の話

お腹を空かせている人がいたとしましょう。 僕はその人のために、友だちの寿司職人を呼ぶのです。「お腹が空いて困っているんだ。何か握ってあげてよ」 そうしてお腹が満ちたときに、僕は言います。「じゃ、支払い …

no image

Googleに評価される文章の書き方

早朝に呟けば「徹夜ですか」と労ってくださり、昼間に更新すれば「夜は会議ですね」と察してくださる。ブログの毎日更新にこだわる僕が、24時直前に記事をアップすると「夜遅くまでお疲れ様です」と優しい声を寄せ …

no image

役割が人を育てるのならば、世代交代の進む制度を採り入れるべきではないか

「こちらも次代に託していきたい頃だ」と新聞記事にあるのを読んで「まだやるつもりなのか」と思ってしまった。悪い人だとは思わないし、リーダーとしても学ぶべきところがたくさんあるのだけれど、「役割が人を育て …

no image

一瞬の感動、永遠の感謝。

去年、大失敗したある仕事。 今年、無事に納品を終えて、お客様の喜ぶ顔をこの目で見て安堵。思わず涙腺が緩んでしまいました。 仕事に感動を覚えられるのは、きっと、いいことだと思うのです。 協力していただい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly