川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

日付の伴わない「頑張る」という言葉について

投稿日:2017年1月4日 更新日:

「頑張る」という言葉は好きではない。

「いつまでに(日付)」「何をするか」という具体的な動詞が伴って、はじめて、周囲に影響力を与えることができるのだと僕は考えている。いつまでも「頑張る」を繰り返しているだけの人とは距離を置いていくべきだと思うし、具体的な日付と数字を打ち出してくれた人に、僕は全力で協力していきたいと思っている。優先順位。肩書きに縛られて誰かを守ろうとするよりも、いまは、そんな自分であることに夢中でありたい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

ほんとに赤字でやってみる名刺1000円企画。

感謝! これで満たされているのよっしーさんに宣伝していただきました。→こちら。 ありがとうございます。 ブロガー名刺、送料込みで1000円じゃすと! 掲載して10分も経たないうちに、お問い合わせをいた …

周囲の人を巻き込んでいくために必要な「捨てる」と「仮説」の繰り返し

縁の切り方という本を刊行した中川淳一郎氏がNEWSポストセブンに寄稿した内容が興味深かった。  よく、交際のきっかけを「趣味が合ったからです!」なんて楽しそうに言う人がいるが、多分、それ以上に気の合う …

no image

うちの会社のメンバーへブログで公開指導 ~自分がすごいと思える場面ほど自分は下がろう

カッティングシートを貼りにやってきました!上手く貼れた気がする〜 @ Reanda レナンダ https://t.co/fkshlToAbj — 中尾隆志/伝票印刷アドバイザー (@sar …

no image

表現にこだわって、姿勢を改め意識する。

「下請け」や「業者」という言葉を使わないようにしています。 下に見られるのも、下に見るのも嫌。仕事は、いつも対等でありたい。 そこで、あえて「取引先」というような言い方をして、それを自分に言い聞かせて …

no image

ビジネスの本流には「対価」、商売の根底には「恩義」が流れている ~時間という透明な椅子

最終的には利益のために仕事をするのだけれど、仕事の姿勢としては利益のためであってはならない。利益は尻尾についてくるというのがうちの会社の考え方で、役に立ちたいという橋を繋いでいけば共存共栄の関係になっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly