川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

日付の伴わない「頑張る」という言葉について

投稿日:2017年1月4日 更新日:

「頑張る」という言葉は好きではない。

「いつまでに(日付)」「何をするか」という具体的な動詞が伴って、はじめて、周囲に影響力を与えることができるのだと僕は考えている。いつまでも「頑張る」を繰り返しているだけの人とは距離を置いていくべきだと思うし、具体的な日付と数字を打ち出してくれた人に、僕は全力で協力していきたいと思っている。優先順位。肩書きに縛られて誰かを守ろうとするよりも、いまは、そんな自分であることに夢中でありたい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

ノルマという言葉を使う人の背中に。

「社員と心を通い合わせたかったら、一緒に風呂でも入れ!」 心さらけ出す、対等な立場での付き合いを主張するNさん。 なるほど、もっともな意見だ。 社員の立場だった時に「されて」イヤだったことは、自分が社 …

no image

それは管理なのか、リーダーシップなのか ~血の通わない知識、涙すらも含む経験

僕たちは管理されようとすると、反発を覚えてしまう。どこかで「マネージメント」なんたらを学んできたような人の言葉を聞いて、それに素直に従えないのは、「管理するためのアクション」であることが見え隠れしてし …

no image

水の流れてくる場所に心を置いて、耳を傾けて

ライティングの締切と月末の事務処理が重なってバタバタ。そうだった、4月の平日は早く終わるのだった。それでも、todoが積み上がると、片付けなければならないという意識が強く働いて、同じことを終えるまでの …

no image

こんな風に人生に関わりを持てる仕事です。

ジュニア川柳の入力。 小学校に通う子供たちの川柳と、お名前を入力していきます。どの句も純粋。 見たまんま、思ったまんまを伝えられることって、素晴らしいことですね。 僕らはよく、「いかに形容詞を使わずに …

no image

書くということは視点のトレーニングになる ~プラス言葉クイズに挑戦を

自分もブログを継続的に書いていけるようになりたい、川柳や短歌という文芸に挑戦してみたいので相談に乗ってほしいというご依頼をいただくことが増えた。 「書く」ということは視点のトレーニングになると思ってい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly