川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

それは管理なのか、リーダーシップなのか ~血の通わない知識、涙すらも含む経験

投稿日:2017年1月6日 更新日:

僕たちは管理されようとすると、反発を覚えてしまう。どこかで「マネージメント」なんたらを学んできたような人の言葉を聞いて、それに素直に従えないのは、「管理するためのアクション」であることが見え隠れしてしまうからなのかもしれない。

では、この人ならついていきたくなるという、あの感覚とは何が違うのだろう。言葉が聞こえてくるのではなく、背中が見ええてくる感覚。僕はそこに、「経験の有無」が大きく関係しているのではないかと仮定をしている。

知識にはまだ、血が通っていない。経験には、涙すらも含まれている。だから、経験の言葉は、「私はこうした」と、主語が「私は」になる。知識を語る人たちは、「マーケティング論によると」「一般的な考え方として」と、他人の言葉を借りてきて話そうとする。少なくとも僕自身は、他人の言葉を使う人の背中に魅力を感じることはない。

知識は効率よく吸収することはできる。それでも、遠回りに見えるような道を選んで自ら経験することが、結果的にはアリとキリギリスなのではないかと思う。自分でリスクを背負って生きてきた人の背中は強い。誰かの背を見て思うからこそ、自分もかくありたいと願う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

ひととの繋がり、気配を大切にするということ。ひとの悪口を言わないようにするということ

想いを伝えることと同じくらいに商売で大切なことは、人の気配をさせることだと思っている。論が正しいのであれば、人が集まり、人の集まるところにお金が回るようになる。商売の方向性が正しければ、自然と登場人物 …

no image

論理と感性のあいだに立って、もっと

収入の増えていく仕組み、安定していく仕組み。仕組みを回していくために、気持ちをどうコントロールしてモチベーションを維持していくか。そんなことをお客さんと考えて過ごすのは本当に楽しい。始めた人から、継続 …

no image

頑張ってる自慢は足らずの裏返し

匂いというか雰囲気というか醸し出しているものというか。 インプットに走っているよりは、アウトプットに試行錯誤(悪戦苦闘)している人の方が愛される確率が高いような気がする。結果、ひとを惹きつけて商売をう …

no image

相手が思う通りに動いてくれないときは、相手の話を箇条書きにする習慣を持つ

我慢できないこともあるし、変化してほしいと思うこともある。そうして「ダメだよそんなんじゃ」と口走れば後の祭り。売り言葉と買い言葉の応酬が続いて、もう議論にはならなくなってしまう。 青が好きな人もいれば …

no image

ほんとに赤字でやってみる名刺1000円企画。

感謝! これで満たされているのよっしーさんに宣伝していただきました。→こちら。 ありがとうございます。 ブロガー名刺、送料込みで1000円じゃすと! 掲載して10分も経たないうちに、お問い合わせをいた …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly