川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

それは管理なのか、リーダーシップなのか ~血の通わない知識、涙すらも含む経験

投稿日:2017年1月6日 更新日:

僕たちは管理されようとすると、反発を覚えてしまう。どこかで「マネージメント」なんたらを学んできたような人の言葉を聞いて、それに素直に従えないのは、「管理するためのアクション」であることが見え隠れしてしまうからなのかもしれない。

では、この人ならついていきたくなるという、あの感覚とは何が違うのだろう。言葉が聞こえてくるのではなく、背中が見ええてくる感覚。僕はそこに、「経験の有無」が大きく関係しているのではないかと仮定をしている。

知識にはまだ、血が通っていない。経験には、涙すらも含まれている。だから、経験の言葉は、「私はこうした」と、主語が「私は」になる。知識を語る人たちは、「マーケティング論によると」「一般的な考え方として」と、他人の言葉を借りてきて話そうとする。少なくとも僕自身は、他人の言葉を使う人の背中に魅力を感じることはない。

知識は効率よく吸収することはできる。それでも、遠回りに見えるような道を選んで自ら経験することが、結果的にはアリとキリギリスなのではないかと思う。自分でリスクを背負って生きてきた人の背中は強い。誰かの背を見て思うからこそ、自分もかくありたいと願う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

想像力は知識よりも大切だ。知識には限界がある、想像力は世界を包み込む

「想像力は知識よりも大切だ。知識には限界がある、想像力は世界を包み込む」と言ったのがアインシュタイン。知識は誰かの想像から始まる、そして想像の源となるものはまた知識でもある。 「なんとか理論です、大企 …

no image

喜んでほしい、笑ってほしい、楽しんでほしいという一心は、遠回りをすることはあっても、必ず届くんだね

無から有を創り出すクリエイターの方々の話を聞くと「よーし自分も」と行動のエネルギーをもらうことができる。数字だとか人間関係だとか、生々しいリアリテイに追われる日常ではあっても、生き方の姿勢には商売を営 …

no image

モノの終わりと始まりに。

もう営業を止めてしまったような、古い店舗を目にすると。 でも、このお店にも、「オープン」したばかりの頃があったんだよな。 店主はその時、よし頑張るぞ、という決意で初めてのお客さんを待ったのだろう。 そ …

no image

神戸で一番さん付けをされる会社になれば、ブランディングは成功したと言えるのだろうか

前川企画印刷のことを、「神戸で一番さん付けをされる会社」だと僕は書いて、その理由を問われる会話の流れに持ち込もうとする。答え方はいつも決まってる。「実際に前川企画印刷で検索してみてください」 流行りの …

ブログを書き続けて発信することのメリット ~大きな旗を振れば、遠くへも近くへも届く

高温注意情報が発表される、暑い。 僕の運営するコトバノというブログでは、季節に関する話題も紹介するようにしている。「うだるような暑さですね」という会話をしたくなるこんな日は、梅雨明けを待ちきれないセミ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly