川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

動画 読書

特集、京阪神の新快速電車2017 ~鉄道ダイヤ情報2017年2月号

投稿日:2017年1月15日 更新日:

かつて京阪神間をエースとして走り抜けた117系に、草津線で再会した。

単色に染められた6両編成。単線である草津線を往復している姿はまさに余生という印象を受けた。221系や223系、225系といった近代の車両たちと草津駅周辺で並走するとき、彼はどんな気持ちになるのだろう。いつか一線を退いたとき、僕もその心情が理解できるようになるのかもしれない。

鉄道ダイヤ情報の2017年2月号特集は「京阪神の新快速電車2017」。その変遷に僕の思い出も重なる。

Google

Google

-動画, 読書

執筆者:

関連記事

no image

溺れているカラスを助けるクマの優しい映像 ~見返りを求めず、与えて生きて

溺れているカラス、それを助けてあげるクマ。 https://www.youtube.com/watch?v=gJ_3BN0m7S8 助けられたカラスはきょとんとしている。助けてあげたクマは恩に着せるで …

詩情の力は小さくて、それでも強大な力に対抗する「よすが」になる(谷川俊太郎さん)

谷川俊太郎さんの「詩を書くということ」を読む。 僕は、詩情、ポエジーってものをすごく広い意味で捉えたいと思っているから、そういうものを全部ひっくるめて、非常に過酷な現実に対しての詩情の力っていうものが …

no image

回天特攻の島、大津島。人間魚雷は本当にあった話。

これまでに何度も読み返した漫画といえば特攻の島になるのだろう。人間魚雷の目となって、敵艦に突撃していく若者たちの命の物語。 産経新聞のなかで紹介されていた遺書は、消えてしまう己の命よりも家族を思いやる …

第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さんのコンビニ人間を読んだ

第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さんのコンビニ人間を読んだ。 「静」であることが多い文学作品の傾向に対して、コンビニ人間は「賑(動)」だと思った。最初から最後まで、ずっと映像がついてくる。だから難 …

no image

悪意 ― 悪戯のような言葉を綴る。

東野圭吾さん、悪意読了。 悪意著者: 東野圭吾 出版社: 講談社 サイズ: 文庫 ページ数: 365p 発行年月: 2001年01月 本体価格 629円 (税込 660 円) 送料込 「記録」と「事実 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly