川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

負はアイキャッチになりやすいが、度が過ぎると痛くなる

投稿日:2017年1月20日 更新日:

「身から出た錆」も悲劇に組み込んで自分語りをしてしまうと、取り巻きの一層目の人たちからは「痛い」と思われてしまい、やがて離れていってしまうのではないか。そうして今度は二層目の人たちが、一層目となり、やはり同じような運命を辿ることになる。負はアイキャッチになりやすいが、度が過ぎると痛くなる。

身から出た錆であるかどうかを謙虚に、客観的に認められるようになるかどうか。自分ではそれを判断することが難しい。だから客観的な立場ではっきりとモノを伝えてくれる存在が重要になる(もちろん、避けられない負は、伝えて良いと思ってる)。

という仮説と、
という存在に、僕はなりたいという想いと。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

北朱雀洞。

冷えピタ中の29歳乙女。

熱は引き始めた模様。

原宿ー。

クレープはどこぢゃ。

今日は例会。

勉強会です。集中して勉強します。

距離のない友情に ~岡山から届いた甘いピオーネ。

夜の事務所で我慢が出来ず、ぱくり。 甘みが広がります。幸せです、ありがとうございます。 岡山と神戸。 少し離れてしまいましたが、永遠に続く友情に乾杯、です。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly