川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

負はアイキャッチになりやすいが、度が過ぎると痛くなる

投稿日:2017年1月20日 更新日:

「身から出た錆」も悲劇に組み込んで自分語りをしてしまうと、取り巻きの一層目の人たちからは「痛い」と思われてしまい、やがて離れていってしまうのではないか。そうして今度は二層目の人たちが、一層目となり、やはり同じような運命を辿ることになる。負はアイキャッチになりやすいが、度が過ぎると痛くなる。

身から出た錆であるかどうかを謙虚に、客観的に認められるようになるかどうか。自分ではそれを判断することが難しい。だから客観的な立場ではっきりとモノを伝えてくれる存在が重要になる(もちろん、避けられない負は、伝えて良いと思ってる)。

という仮説と、
という存在に、僕はなりたいという想いと。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

はや、クリスマス商戦。

意外に売れるのです@神戸元町・プチ関口。

no image

9月16日、30歳になる彼に何を贈ろうか。

いよいよ、来週の土曜日、9月16日(土曜日)。 30歳になります。20代ともお別れです。少し、甘えが許されなくなるのかな。少し、見た目に近づくのかな。 いろんな期待や不安、寂しさ、交錯する想いの中で。 …

ナビの取付作業中。

『キングオブA型なので、歪まないように、目立たないように!』 リクエストにこたえて、一生懸命やってくれてます。感謝。 新車はやっぱり嬉しいですね。

no image

震災の映像のどこかで、父は、ひととして在り続ける。

あの「阪神・淡路大震災」で本当は一体何が起きていたのか、その真実がよくわかるムービー集 – GIGAZINE 毎年、一番の泣き虫になってしまう日がやってきた。 今年は上のサイトの映像を眺め …

京都外国語大学交友会。

我が母校より。さて中身は?

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly