川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

うちのメンバーに3人目のお子さんが誕生した

投稿日:2017年1月22日 更新日:

今回も長男、長女に続き、妊娠した時から一文字で考えていました。

3人目は、僕が尊敬する西端康孝社長(@bata)から一文字頂こうと決めていたので、あまり悩むこともなく決定。

康孝の孝をいただき、「孝 こう」と命名しました。

人生で関わっていくであろう人たちを支え助けられる人になってほしいという想いと社長のように感謝を忘れず、厚い信頼を得られる人になってもらいたいと想ってつけました。

引用元:第三子の男の子が生まれた。今回も名前は一文字。 | さるの独り言

当たり前の話をする。

これまで10年以上、雇用をしながら社長という役割を担ってこれたということは、それだけの利益を出し続けてきたということである。利益を出すためには、選ばれ続けなければならない。選ばれるためには、目先の作業ではなく、将来の仕事を創出する自分たちでなければならない。

自分はそんなチームを育ててきたと思っているし、これからもその意識を変えるつもりはまったくない。

ゆえに、僕は、メンバーに大きな負担をかけてきたと思っている。いろんなことを犠牲にさせたし、我慢もさせた。でも、それでも、ない袖は振れるわけがなく、彼らにはずっと、その袖が何であるのか、そして、袖のなかに通う血や温度の意味について語り続けてきたつもりだ。

ブレないこと。リーダーとして、自分は強く在るということ。

それだけを、これからも、これまで通りに生きていく。彼らと、彼らの家族が幸せになるようなフィールドをつくっていく。責任が大きくなればなるほど、もう一人の僕が「よし」と意気込んでいる。その勢いのままに考え、動いていくことが僕たちの未来だ。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

真面目で一生懸命であることを口にすると印象が悪くなってしまう理由

「真面目に一生懸命にやっているのに、どうしてうまくいかないのでしょうか」と、相談をされることがあります。誠実な人柄、いつも一生懸命。なのに、商売の結果が伴わない。 真面目で一生懸命なのは、人としてとて …

no image

上とか下とかじゃなくて【次】だと思う感覚のこと

「上とか下とかじゃなくて【次】なんだと思いますよ。りんごジュースの次がオレンジジュースなら可愛い。でもこれが高級ワインだと調子に乗ってるという人が現れてくる」 「インプットがインプットで終わるのは一番 …

no image

五七調とコピーライターの仕事と

風邪と花粉で鼻水と鼻をぶつけて鼻血まで春は花だと言うけれど鼻が鼻がで日が暮れた — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月30日 「海は広いな大きいな」に代表されるよう …

no image

相手が思う通りに動いてくれないときは、相手の話を箇条書きにする習慣を持つ

我慢できないこともあるし、変化してほしいと思うこともある。そうして「ダメだよそんなんじゃ」と口走れば後の祭り。売り言葉と買い言葉の応酬が続いて、もう議論にはならなくなってしまう。 青が好きな人もいれば …

no image

商いの本質を意識して。

お盆明け、いいスタートです、充実してます、忙しくしています。 社内では、9月からメンバーが増えることもあって、情報の共有方法を模索しています。いわゆる「たらい回し」で、お客様にご迷惑をおかけすることの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly