川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

うちのメンバーに3人目のお子さんが誕生した

投稿日:2017年1月22日 更新日:

今回も長男、長女に続き、妊娠した時から一文字で考えていました。

3人目は、僕が尊敬する西端康孝社長(@bata)から一文字頂こうと決めていたので、あまり悩むこともなく決定。

康孝の孝をいただき、「孝 こう」と命名しました。

人生で関わっていくであろう人たちを支え助けられる人になってほしいという想いと社長のように感謝を忘れず、厚い信頼を得られる人になってもらいたいと想ってつけました。

引用元:第三子の男の子が生まれた。今回も名前は一文字。 | さるの独り言

当たり前の話をする。

これまで10年以上、雇用をしながら社長という役割を担ってこれたということは、それだけの利益を出し続けてきたということである。利益を出すためには、選ばれ続けなければならない。選ばれるためには、目先の作業ではなく、将来の仕事を創出する自分たちでなければならない。

自分はそんなチームを育ててきたと思っているし、これからもその意識を変えるつもりはまったくない。

ゆえに、僕は、メンバーに大きな負担をかけてきたと思っている。いろんなことを犠牲にさせたし、我慢もさせた。でも、それでも、ない袖は振れるわけがなく、彼らにはずっと、その袖が何であるのか、そして、袖のなかに通う血や温度の意味について語り続けてきたつもりだ。

ブレないこと。リーダーとして、自分は強く在るということ。

それだけを、これからも、これまで通りに生きていく。彼らと、彼らの家族が幸せになるようなフィールドをつくっていく。責任が大きくなればなるほど、もう一人の僕が「よし」と意気込んでいる。その勢いのままに考え、動いていくことが僕たちの未来だ。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

強くなれない組織に、巣を蹴飛ばすような真似をした

7月に撮影したツバメの巣。親鳥は注意深く、だけど何度も繰り返しひな鳥たちにエサを運んでいた。 動物の世界では、今後の成長が見込めなくなると育児を放棄してしまうということがあるらしい。子のために一生懸命 …

no image

生きていくっていうのは人を巻き込みながらやっていくということだ

昨日までと同じで良いわけがなく、守るものは守って、捨てるものは捨てて、適応をしていかなければならない。冬が来ると分かっていれば着込む服のことを考えるし、暖房もちゃんと準備をしようとする。生きていくって …

知識と知恵の違い ~正論も間(ま)を読まなければ通らない

「Facebookでこういうサービスが流行していますが、SPAMアプリの可能性がありますので十分注意しましょう」っていうのはなるほど、確かに正しい知識。ところが、事実を知っていてもあえて書かない人がい …

no image

伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する。【伝】を具体化する本気の一年にする。

「頑張る」という言葉が好きでないのは、何をいつまでにやるのかが不明確だからだ。「刺激」「学び」「気付き」という言葉とも似ている。刺激を受けたから、どうなのか。学んだから、何をやるのか。気付いたから、何 …

no image

50万円までもらえる! 広告宣伝に関する補助金について(小規模事業者持続化補助金)

チラシの印刷やホームページのリニューアルなど、広告宣伝に関する費用を2/3まで補助してくれる制度がある(補助額の上限は50万円)。また委託費や専門家への謝金としてもこの制度は利用可能なので、紙媒体やデ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly