川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

うちのメンバーに3人目のお子さんが誕生した

投稿日:2017年1月22日 更新日:

今回も長男、長女に続き、妊娠した時から一文字で考えていました。

3人目は、僕が尊敬する西端康孝社長(@bata)から一文字頂こうと決めていたので、あまり悩むこともなく決定。

康孝の孝をいただき、「孝 こう」と命名しました。

人生で関わっていくであろう人たちを支え助けられる人になってほしいという想いと社長のように感謝を忘れず、厚い信頼を得られる人になってもらいたいと想ってつけました。

引用元:第三子の男の子が生まれた。今回も名前は一文字。 | さるの独り言

当たり前の話をする。

これまで10年以上、雇用をしながら社長という役割を担ってこれたということは、それだけの利益を出し続けてきたということである。利益を出すためには、選ばれ続けなければならない。選ばれるためには、目先の作業ではなく、将来の仕事を創出する自分たちでなければならない。

自分はそんなチームを育ててきたと思っているし、これからもその意識を変えるつもりはまったくない。

ゆえに、僕は、メンバーに大きな負担をかけてきたと思っている。いろんなことを犠牲にさせたし、我慢もさせた。でも、それでも、ない袖は振れるわけがなく、彼らにはずっと、その袖が何であるのか、そして、袖のなかに通う血や温度の意味について語り続けてきたつもりだ。

ブレないこと。リーダーとして、自分は強く在るということ。

それだけを、これからも、これまで通りに生きていく。彼らと、彼らの家族が幸せになるようなフィールドをつくっていく。責任が大きくなればなるほど、もう一人の僕が「よし」と意気込んでいる。その勢いのままに考え、動いていくことが僕たちの未来だ。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

上とか下とかじゃなくて【次】だと思う感覚のこと

「上とか下とかじゃなくて【次】なんだと思いますよ。りんごジュースの次がオレンジジュースなら可愛い。でもこれが高級ワインだと調子に乗ってるという人が現れてくる」 「インプットがインプットで終わるのは一番 …

嫌なことは明示し続ける 〜経営者には人それぞれの悩みがある

昨日のブログで悩んでいることを打ち明けたら、たくさんの方からコメントやメッセージ、電話をいただいた。感謝。悩みのない経営者なんていない。人間は誰も同じ。自分だけが弱いわけではない。 嫌なことは嫌だと言 …

神戸の前川企画印刷、夏する。神戸の前川企画印刷、夏期休暇の告知する

会社メンバーたちと夏モード、納涼焼肉大会。 食べてる姿はNGなんですという一人と、食べてる姿も写してくださいという一人と。個性。 社長にヤキを入れられつつも、僕はトウモロコシにせっせと焼きを入れる。無 …

no image

「動員目標」という言葉を使ってしまう危うさ ~ノルマと目標の違い~

月末や年度末が近づくと「同友会 退会」というキーワードで検索からやってきてくれる方が増えてきます。 「同友会 退会」というキーワードで2~3位あたりに表示されるうちのブログ。改めて読み返してみると「わ …

no image

にんげんを磨くための商売を。

土曜日ながら、昼からいくつか電話。 台風接近の最中、夕方からは近所の神社へ打ち合わせに。気に入っていただけて、これから、色々お仕事をいただけることになりました。感謝。 「近所のお仕事」をさせて頂けるっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly