川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

戦いの記録 ~電車を降りたおじさんは、一番にトイレに向かったのだろうか

投稿日:2017年1月28日 更新日:

電車一本や乗り込む車両の位置といった「ほんの」違いに、いろんなドラマが待っている。

出会える人、出会えなかった人、出会いたかった人、出会いたくなかった人。僕の「ほんの」と誰かの「ほんの」の掛け算で、今日までの思い出は形成されていて感慨深い。

電車を降りたおじさんは、一番にトイレに向かったのだろうか。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

サンタよりも忙しい一ヶ月を目指して。

自分の日記を読み返して、2週間以上風邪が続いていることに気が付いた。 治りかけたかと思うと、すぐにぶり返してしまうか弱き乙女座。 年が明けてから、父が入院して。 春に父を亡くして。思うところあって、ジ …

おめでとー、原宿の花嫁さん。

ちから、でず。

ポニョー、注射をしてもらお。きっと良くなるよ。 良くならなくちゃ。

明石ならではの供養塔。

「魚介類」供養塔と「のり」供養塔。 明石は海に生かされていて、たくさんの命で成り立つ街。 時々は、こういう視点で街を眺めてみることも大切なのかも。 生まれ育った大好きな街です。 @林崎漁港

10枚ためることが漢。

@吉野家

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly