川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

戦いの記録 ~電車を降りたおじさんは、一番にトイレに向かったのだろうか

投稿日:2017年1月28日 更新日:

電車一本や乗り込む車両の位置といった「ほんの」違いに、いろんなドラマが待っている。

出会える人、出会えなかった人、出会いたかった人、出会いたくなかった人。僕の「ほんの」と誰かの「ほんの」の掛け算で、今日までの思い出は形成されていて感慨深い。

電車を降りたおじさんは、一番にトイレに向かったのだろうか。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

「偉そうですね」と「偉いですね」の間にあるもの。

「ほうれんそう」を求めることが上司の仕事だと思っていれば驕りなんじゃないかな。 ほうれんそうをしやすい雰囲気を作ってあげること。強制されるのではなく、自発的に出来るような環境、タイミングを作ってあげる …

明け方のラブレター。

ポニョー。打ち寄せても消えない、君の名前と君への想いとー。 …書いているのは、親父シャツなんだ。

滋賀県のMIHO MUSEAM。

桃源郷への道。

no image

どんな上手に嘘をついても。

いい結婚式でした。 祝福される生き方をしているから、心からの祝福を受ける。当たり前のことです。 嘘をついて維持している友人。嘘をついて得た恋人。 ・・・それでは、真の祝福は得られません。 それだって当 …

明石の北へジョギング、太山寺山門。

神社仏閣巡りが好き。 ジョギングの汗を山の風に癒されてきます。暑い。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly