川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

パンナコッタとマカロニと、とっても苦手な真面目な会議と

投稿日:2017年1月30日 更新日:

そろそろ、親しい人たちには気付いて理解してもらえるようになったのだけれど、僕は真面目な会議が大の苦手である。落ち着きがなくなってソワソワとしてしまう。

引用元:真面目な会議の場にいなければならないという予定があるだけで体調を崩してしまう | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

「真面目にやれ」と言われると、どこまでも不真面目な方に向かおうとしてしまう。それは昔も今もそうで、体質的にも無理だという話は以前に書いた。「そうは言っても冗談でしょう?」と言われるが、「そう言われても本当なんです」としか答えようがない。僕に真面目を求めてはいけないのである。

「そういえば先日の会議、パソコンでメモをとってたよね。あれ、データでもらえないかな?」と頼まれた。返事に困る。マカロニグラタンの食べられる居酒屋について友人と情報交換をしあっていた、その記録を転送すれば良いのだろうか。違うよね?

ある程度の年齢になれば、大人らしい落ち着きは伴っていくのだろうと思っていた。だがそれは思い込みで、本人の努力なしでは、ひとは簡単には変化しないのである。努力をする気のない人間に、努力を求めてしまうのは横暴というものだ。相手を見てモノは言わなければならない。

パンナコッタとマカロニと。

好きだって簡単には変化しないんだから、尚更なのである。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

まものの群れがあらわれた!

嵐の日のビニール傘と、ゾーマを目の前にして装備する「ひのきの棒」は似ているのかもしれない、 と、トランクにあった6本の武器たちを見て、思った。

合格証書、届く。

FP技能検定3級。かえって難しいだろうと言うくらい、午前も午後も合格最低点。 でも、合格は合格なのです。嬉。

今日の血圧。

筋肉痛が昨日ほど泳がせてくれません。二日続けて泳ぐのはまだ厳しいか。

ハロウィンの絵の裏に隠された驚愕の事実 ― 何がアクセルでブレーキか。

どうしてうんこの絵なのだろうと、不思議な気持ちになった。 前にまわって納得。あぁ、そうか、10月の君だったんだね。 物事は、表裏一体。どっちが表で、どっちが裏かわからないことも多い。裏を探ろうとしたら …

no image

名刺交換のコツは、足し算ではなく引き算の文面にあった

一か月以上続いた咳が落ち着いたと思ったら、胃の痛みに悪寒がして発熱。病院で点滴を受けて、薬袋を肌身離さず持ち歩いた。頭のぼーっとしている時間も長くなって、月末の支払いでは必要のないところにまで振込処理 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly