川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

アウトプットを続ける理由 ~600冊売ってきた!

投稿日:2017年2月5日 更新日:

週末ごとに部屋の片づけ、少しずつ本を処分している。今日売りに行ったのは600冊。昨秋から通算すると、もう、5000冊以上は本を処分したのだろうと思う。これだけの本を読んでいれば、もうすこし賢くても良さそうな気がするのだけれど、風通しの良過ぎる僕の脳みそだ。

日本語のことについて、そんなに本を買い込んで勉強した気はしなかったが、数えてみると100冊以上が本棚に残っている。コピーライターとしてやっていくために、また、日本語に関するサイトを運営していくために、それっぽいことはやってきているらしい。血となり肉となったものが、僕のアウトプットを媒介して、また誰かの知識になっていく。この感覚が好きで、僕はアウトプットを止められないのだと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

京都外大の卒業生としては…。

京都外大の卒業生としては、京都外大西高の甲子園優勝を願ってやまないわけです。 頑張れ~

川柳を選ぶ立場になりました。

いつも送っていただく、川柳文学コロキュウム誌。 女流作家、赤松ますみさんが主宰される大阪の川柳グループ。詩性に優れた、心に触れるような川柳が多いのが特長。 新しく川柳を始められる方にオススメかもしれま …

no image

はてなを抱えたままの仕事なのであれば。

旧宅の掃除。 アパートの班長をしていたので、隣の部屋の方に引継ぎをお願いした。快く引き受けていただき感謝。 テレビの映りがおかしくなった。どうやら爆弾低気圧の影響で、先週取り付けてもらったばかりのアン …

no image

生まれて初めて食べた「ちりとり鍋」

生まれて初めて「ちりとり鍋」というものを食する。 ちりとり鍋とは、ちりとりの形に似た四角い鍋を使うことに由来した料理。大阪に住む韓国の人たちが、日本のすき焼きに満足できず、生みだした料理ということだ。 …

no image

弱い弱いひとりの人間であることを認め合って。

商業界の人間が利己的に関与しすぎる姿は、観光客を呼び込んで、ハイエナのように食い尽くしていく姿にも思える。「異国情緒ある町」「なんとなくオシャレな町」というイメージがいけないのではなく、地域経済発展と …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly