川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ブランディング屋さんがあらわれた!

投稿日:2017年2月7日 更新日:

商売をしている人たちは「売ろう」とするのではなく「選ばれよう」としている。「売り気」を消して「自分を出す」ことに重きを置いているのに、それを「ブランディング」という言葉で集約されてしまうと、一瞬で下心のような感じになってしまう。見透かされたような気持ちになってしまう。だから、「ブランディングを支援します」という言葉や存在、概念が嫌われるのかなぁと仮説を立ててみる。

それ以前に、「偉そうに語るお前は、そもそも何屋なんだ。なんの商売をやってきて、選ばれてきたんだ」という意見があるのかもしれない。論よりも実践。お前よりも、もっと以前から、それを当たり前にやってきたんだ、という反論。

カタカナは、一瞬、それっぽく見えて便利な言葉だなぁと思う。でも、本質はもっと、以前から存在する。今に始まったようなものは、ほとんどない、きっと。商売人たちはそれをまだ言語化できていないだけで、彼らの経験は、上辺だけの知識よりもはるかに尊い。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

SEOは当たり前であるものとして、つぎ。

日曜日、本日もお仕事の電話を頂戴しました。是非、実際にお会いして、色々とお話をお伺い出来ればと思っています。 ご紹介、ありがとうございました。 === SEOといって、検索エンジンの上位に表示させるこ …

周囲の人を巻き込んでいくために必要な「捨てる」と「仮説」の繰り返し

縁の切り方という本を刊行した中川淳一郎氏がNEWSポストセブンに寄稿した内容が興味深かった。  よく、交際のきっかけを「趣味が合ったからです!」なんて楽しそうに言う人がいるが、多分、それ以上に気の合う …

no image

「仕事につながりますよ」という甘い勧誘は、誰のためのものか、商売人としてどうか

「あっちの会では仕事にならなかったでしょう?でも、こっちの会では仕事につながるんです。入会しませんか、おススメしますよ」という勧誘が、僕の大切なお客さんのところに相次いでいる。似たような話を十件以上聞 …

no image

うちの会社のメンバーへブログで公開指導 ~自分がすごいと思える場面ほど自分は下がろう

カッティングシートを貼りにやってきました!上手く貼れた気がする〜 @ Reanda レナンダ https://t.co/fkshlToAbj — 中尾隆志/伝票印刷アドバイザー (@sar …

no image

今日の言葉が永遠の基礎となることを

完全に伝わることはないとわかっている。言語。それでも、ぎりぎりまでを攻めて、響け、と念じている。言葉。職人たちの研ぐ光にも似て、僕たちは今日の風の色を置き換えて刻むことをやめようとはしない。言霊。 詩 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly