川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ブランディング屋さんがあらわれた!

投稿日:2017年2月7日 更新日:

商売をしている人たちは「売ろう」とするのではなく「選ばれよう」としている。「売り気」を消して「自分を出す」ことに重きを置いているのに、それを「ブランディング」という言葉で集約されてしまうと、一瞬で下心のような感じになってしまう。見透かされたような気持ちになってしまう。だから、「ブランディングを支援します」という言葉や存在、概念が嫌われるのかなぁと仮説を立ててみる。

それ以前に、「偉そうに語るお前は、そもそも何屋なんだ。なんの商売をやってきて、選ばれてきたんだ」という意見があるのかもしれない。論よりも実践。お前よりも、もっと以前から、それを当たり前にやってきたんだ、という反論。

カタカナは、一瞬、それっぽく見えて便利な言葉だなぁと思う。でも、本質はもっと、以前から存在する。今に始まったようなものは、ほとんどない、きっと。商売人たちはそれをまだ言語化できていないだけで、彼らの経験は、上辺だけの知識よりもはるかに尊い。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

神戸モーニング交流会 ~異業種交流なんて堅いもんではなく~

「飲み」な付き合いばかりでは身体がー。 …では、アメリカンスタイル。経営者でも、営業マンでも、あるいは学生さんでも、誰でも、誰でも。 「交流」の中で、何かヒントを得てみませんか?? そんな、神戸モーニ …

no image

すごい人の共通点 ~踏みとどまって「ありがとう」や「まだまだ」を伝えられるか

「すごい」という言葉には「恐ろしいほどすぐれている」や「程度がはなはだしい」「常識では考えられないほどの能力をもっている」というような意味がある。 「すごい」単体では何が優れているのかわからないけれど …

iPhoneやスマホの画面サイズが大きくなって見えた傾向とマーケティングの戦略と

ケータイ電話のなかった頃は、晩になってから友だちの家に電話するのはとても躊躇われた。 技術の進歩で行動様式が変わると、これまでの常識は一気に変化していく。自分たちのようなコンテンツクリエイターは、常識 …

no image

納品の瞬間まで…、プロ意識の積み重ね。

外注をお願いしている取引先に、かなり無理を言って仕事を急いで貰いました。 納期まで、一分一秒を争う仕事。お願いします、と頭を下げながらも、 (でも、どう考えてもこれだけの期間では無理だろう…) と、半 …

no image

商売に政治のスタンスは持ち込まない ~他山の石以て玉を攻おさむべし

ネット上のとある論争。経済論の一つとしては正論だと思うけれど、起業論にしてしまうのはヒステリックな気がする。 あなたと私は違うという妬みの感情と分けて議論ができればいいのかもしれない。もっと言えば、デ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly