川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ブランディング屋さんがあらわれた!

投稿日:2017年2月7日 更新日:

商売をしている人たちは「売ろう」とするのではなく「選ばれよう」としている。「売り気」を消して「自分を出す」ことに重きを置いているのに、それを「ブランディング」という言葉で集約されてしまうと、一瞬で下心のような感じになってしまう。見透かされたような気持ちになってしまう。だから、「ブランディングを支援します」という言葉や存在、概念が嫌われるのかなぁと仮説を立ててみる。

それ以前に、「偉そうに語るお前は、そもそも何屋なんだ。なんの商売をやってきて、選ばれてきたんだ」という意見があるのかもしれない。論よりも実践。お前よりも、もっと以前から、それを当たり前にやってきたんだ、という反論。

カタカナは、一瞬、それっぽく見えて便利な言葉だなぁと思う。でも、本質はもっと、以前から存在する。今に始まったようなものは、ほとんどない、きっと。商売人たちはそれをまだ言語化できていないだけで、彼らの経験は、上辺だけの知識よりもはるかに尊い。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

10割のお客様主義、3割の結果。

3割打者を目指せ。 その言葉の裏で、僕は、経営者として、10回は打席に立たせてあげられるよう、器量を身につけるべきなのである。 臆することはない。 まずは、分母を意識せよ。 === “ありがとうござい …

西端、iPhoneアプリになりました。格好良いプロモーション動画も作ってもらいました。

見上げるカメラ、膝を曲げるカメラ。 生きている毎日に景色は溶けていて、ほとんどは空気になってしまうひとつひとつに、言葉を添えて作品にしてみる。そんな取り組みをずっと続けてきたものが、iPhoneのアプ …

no image

入社4ヶ月で社長就任、あれは28歳の夏の…。

経営者の皆さんが集まって行う勉強会、同友会。 次回、西神戸支部ブロック会では、西端が発表をさせていただくことになりました。 人前で話すの、大好きです。 『最高のサービス業であるための、大喧嘩』『支払い …

no image

中小企業円滑化法期限到来後の銀行対策と付加価値のプレゼンテーションについて

仕事始め。 お手伝いしている経営者の方々の話を聞いていると、銀行は銀行のペースに持ち込もうとしているような印象を受ける。経営計画などを自分たちのフォーマットに記入させて、評点を下げていく。結果、貸し剥 …

ヒトに性善説、コトに性悪説

メンバーのしている仕事の一つ一つすべてに目を向けていたら、彼らは仕事を「与えられる」ものだと思うだろう。それは仕事ではなく作業だ。ところが、お客様からの期待を裏切らないためには進捗や品質についての責を …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly