川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ブランディング屋さんがあらわれた!

投稿日:2017年2月7日 更新日:

商売をしている人たちは「売ろう」とするのではなく「選ばれよう」としている。「売り気」を消して「自分を出す」ことに重きを置いているのに、それを「ブランディング」という言葉で集約されてしまうと、一瞬で下心のような感じになってしまう。見透かされたような気持ちになってしまう。だから、「ブランディングを支援します」という言葉や存在、概念が嫌われるのかなぁと仮説を立ててみる。

それ以前に、「偉そうに語るお前は、そもそも何屋なんだ。なんの商売をやってきて、選ばれてきたんだ」という意見があるのかもしれない。論よりも実践。お前よりも、もっと以前から、それを当たり前にやってきたんだ、という反論。

カタカナは、一瞬、それっぽく見えて便利な言葉だなぁと思う。でも、本質はもっと、以前から存在する。今に始まったようなものは、ほとんどない、きっと。商売人たちはそれをまだ言語化できていないだけで、彼らの経験は、上辺だけの知識よりもはるかに尊い。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

僕は会社をこんな風であるがために。

自分に何かがあっても、会社は存続していなければならないし、置かれている状況に変化があって、それが会社の経営に影響を及ぼすとすれば、組織の形成の仕方に問題があったことになるのだろう。 だから、まだ組織と …

no image

商売に勝ち負けを持ち込んではならない、商売とは生かされているということ

商売っていうのは、生かされているということを知ることだ。与えて、与えて、与えて、そして見返りを求めない。気が付けばいつの間にか利益がついてくるような姿勢を貫くこと、徹底すること。商売とビジネスは違う。 …

no image

好対照なふたつを伝えるとき、自分の価値を下げないために使うべきではない言葉

117と177はどちらが天気予報でどちらが時報だったか。覚え方には色々あるけれど、無理に両方を覚えようとせずとも、一方だけをちゃんと記憶しておけば答えは導き出せる。 他を蔑むことが差別化なのだとすれば …

no image

場があって、コトやモノがあって、ヒトがつながる

太山寺珈琲焙煎室さんとKaenさんのコラボレーションのお手伝いをしている。今日はそのイベントの日だった。たくさんの方に色々な感想をいただくことができた。場があって、コトやモノがあって、ヒトがつながる。 …

no image

事務所の間取りと通路の広さとヒロタのシュークリームと

新しい事務所で、実際に棚やパーテーションなどを設置したらどんな風になるのか、紙を床に配置してシミュレーションを行ってみた。 図面で計画するよりも、こうして作業してみることで気付くことは多い。「ただ歩く …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly