川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

生前の祖母にもらった数珠を手に ~あっちの世界とこっち側の人間と

投稿日:2017年2月11日 更新日:

祖母の四十九日法要。

小さな骨壺に納まった僕のルーツを眺めながら、この御香や読経はどんな風に届くのだろうと想像をする。この「ギシキ」に意味があるのだとすれば、形式が途絶えてしまういつか未来に「あっちの世界」に何かしら悪影響があるのだろうか。僕たちの宗派ではそんなことはないと教えられていて、だとすれば、今、目の前で行われているこの儀式も、「葬式仏教」としての形式のためだけに行われているものになる。事実、お坊さんは、この場を「故人を偲ぶ場」であると語った。

それでも、こういう儀式をしている「こっち」側の人間、それぞれの心身に「ちゃんと送ってやることができた」という充足感があるのなら、それなりの意味なり効果なりは認めても良いのだろう。

色々あった祖母との関係。ただただ感謝を伝える。生前の祖母にもらった数珠を手に。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

経営の勉強という言葉の裏側にあるもの – 分析麻痺症候群。

「週末、一泊二日の経営の勉強会に行ってきた」と話すAさんに尋ねてみた。 「ではその週末、Aさんの社員さんはどんな風に過ごしていたのですか?」 勉強会もいいし、コンサルの話に耳を傾けるのもいいだろう。 …

心に元気を足す時間。

好きな音楽たちの映像を眺めたり。お気に入りの詩集を思うまんまに開いてみたり。 一日に、必ず一度は意識して作る時間。 満たされて今度は、さらにいいものを創り出せますように。

北野工房のまち。

クリスマスイルミネーション。

高砂席。

乗っ取った。 もいっこ、ケーキ、プリーズ。

神鋼フェスティバルに来ています。

去年は雨でした。 去年の分まで、くわねば、でございます。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly