川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

無理をしすぎたあたりのシグナル

投稿日:2017年2月18日 更新日:

眩暈と吐き気の伴う耳鳴りがするときは、書く仕事は無論、歩くことさえままならなくなる。「バナナを食べたら、耳鳴りがする」という法則があるのなら僕はバナナを断念するのだろうけれど、あいにく、さいわい、バナナと耳鳴りには今までのところ関連性はない(ように思われる)。

耳鼻科では何度か検査をしてもらった。異常はないと診断され、どの先生も心因性のものであると僕に告げる。「ストレスのたまらないようにリフレッシュを」「ちゃんと寝るように、睡眠薬を出そうか?」

ある程度の負荷があるから、成長もできるのだろうと思ってる。ただ、自分はどうも、その負荷の見極めが難しいようで、過ぎたあたりに行ってようやく、しまったなと感じることがほとんどだ。身体はちゃんと、そのシグナルを出してくれる。「無理はするけど、無理をしすぎたあたりのシグナルには従う」というのが、当面、僕がとるべき生き方なのかと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

自動車学校を卒業したものですから。

中国語をぺらぺらと話す人の後姿が格好いいなぁと思った。 そんな自分の最終学歴は兵庫県自動車学校明石校、まる。

no image

はてなを抱えたままの仕事なのであれば。

旧宅の掃除。 アパートの班長をしていたので、隣の部屋の方に引継ぎをお願いした。快く引き受けていただき感謝。 テレビの映りがおかしくなった。どうやら爆弾低気圧の影響で、先週取り付けてもらったばかりのアン …

no image

朝から栄養ドリンク2本。

だるい。 栄養ドリンクで、未来の元気を前借りしているような。いつか枯渇してしまいそう。 しんどくなる何かがある、というわけでもなく、単なる体力不足から来る疲労の蓄積なのかな。運動せにゃ。

no image

いつかの明石市議会議員選挙。

ある、事故の、起きる何分か前。 現場に、僕はいて、危ないと思った。そこは、立ち寄るべき場所ではないと思った。 そして、事故は起こった。 尊い命が、いくつも失われた。 命を失くした家族は。 やがて、事故 …

no image

会社のフロントイメージも、変えていこ。

関西独立リーグについては、特定の選手の動向や、経済効果を期待する声ばかりが聞こえてきてしまう。身近に球団の運営に携わる人たちがいるのにこういうことを言うのも何だけれど、純粋な夢を抱いて努力する人たちを …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly