川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

無理をしすぎたあたりのシグナル

投稿日:2017年2月18日 更新日:

眩暈と吐き気の伴う耳鳴りがするときは、書く仕事は無論、歩くことさえままならなくなる。「バナナを食べたら、耳鳴りがする」という法則があるのなら僕はバナナを断念するのだろうけれど、あいにく、さいわい、バナナと耳鳴りには今までのところ関連性はない(ように思われる)。

耳鼻科では何度か検査をしてもらった。異常はないと診断され、どの先生も心因性のものであると僕に告げる。「ストレスのたまらないようにリフレッシュを」「ちゃんと寝るように、睡眠薬を出そうか?」

ある程度の負荷があるから、成長もできるのだろうと思ってる。ただ、自分はどうも、その負荷の見極めが難しいようで、過ぎたあたりに行ってようやく、しまったなと感じることがほとんどだ。身体はちゃんと、そのシグナルを出してくれる。「無理はするけど、無理をしすぎたあたりのシグナルには従う」というのが、当面、僕がとるべき生き方なのかと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

ウエディングケーキ入刀の最中、二匹目の伊勢海老をげっと。

食わねば。

no image

目覚まし時計を休ませる錠剤と粉薬。

日曜、夜間休日急病センター。 声が出せないからゼスチャーで伝えていると、先生も看護師も笑うもんだから困る。どこの病院に行っても笑われるのは、何故。 急病センターでは一日分の薬しか貰えないので、本日朝、 …

no image

18年を一緒に生きた愛犬だからこそ。

とても冷たい人間。 犬たちを、人間と同じように考えている。人間以上に考えているかもしれない。 人間に対しては、決して流さないような涙を、簡単にこぼすことが出来る。 そう、とても、冷たい人間。 「犬と人 …

feeling.

キチッとしてなくちゃダメなんだけど、許せてしまうルーズさもある。 微笑ましい気持ちで、パチリ。 今夜、大学時代の友人たちと会うことになった。なんの利害も打算もなく「お前はやっぱりアホやなぁ」と言い合え …

大阪工業大学にて。

人生をやり直そうとおもって、再受験してきます。 嘘です。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly