川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

読書 雑記

ASKAさんの700番 第二巻/第三巻を読んだ

投稿日:2017年2月19日 更新日:

僕は実際には彼の物を盗んではいない。ところが、彼は周囲に「西端に盗まれた」と言って回ったとする。弱い立場の人間の発する言葉はいかにも信ぴょう性があって、僕はいとも簡単に罪びとに仕立て上げられてしまう。

「火のない所に煙は立たないんだよ」と、かつて、実際に、僕を責めた人がいた。
「だけど放火をする人だっているのではないですか?」

反論は届かない。涙を流す人が、指をさしながら「あの人が」といえば、僕は自分で「何もしていない」ことを証明しなければならなくなる。ところが、この世の中では「ある」ものよりも「ない」ことを証明するほうが難しい。「ある」や「ない」の証明ごっこに付き合わされてはたまらないと、中立の顔をして、僕から距離を置こうとする人も現れ始める。火事の現場にいて、ただ燃えて消えていく「これまで」を孤独に眺めるのは、本当に寂しいことだ。苦しいことだ。

僕の大好きなアーティストが、同じように苦しんできたことを著書で知る。もちろん、発端は、罪を犯したことであるから、ある程度は自業自得である。それでも、事実に起因するものと、それっぽく仕立て上げられた嘘とが混合されたなかで自分の印象を貶められ、これまでの人間関係を破壊されてしまうのはおかしい。

だから、僕は、「変わらない」気持ちで、次の言葉と楽曲を待ち続ける。「信じる」という言葉は「疑う」という気持ちを無理に否定しているような気がした。「変わらない」「変えない」「変わるわけがない」。もう、それだけでいいんじゃないかと思ってる。僕の周囲の誰に何を言われようと、軸とはそういうものだ。

言葉を持つこと、表現を持つこと。とても大切なことなんだと、改めて認識した。一気に読み終えた一冊だった。

Google

Google

-読書, 雑記

執筆者:

関連記事

no image

綺麗だった時間のことを。

何故そうしようとしたのかわからない。 自分の過去の日記を読んでいたら、涙が止まらなくなった。そして、それらの日記を全て消してしまおうという衝動にかられた。 綺麗に生きている僕がいた。 綺麗な想いをして …

no image

白い巨峰。

そんな親父ギャグを堂々と言えるようになって。若い社員の皆に引きつったような笑顔をされて。 ええオヤッさんになりたいと思う今日この頃なのだ。

青春を過ごした

母校です。掃除、がんばってきます。

高く高く、空へ空へ。

あーちゃんを空へ、見送ってきました。 先に待ってくれている3匹の家族と、父親と。穏やかな時間を過ごしていてほしいものです。 ありがとう、と、寂しいの。 ただ、繰り返し。大きな存在でした。

no image

浄土真宗の場合に使ってはいけない「ご冥福をお祈りします」というフレーズ

「ご冥福をお祈りします」という言葉は安易に使ってはいけないということを思い出しながら通夜式に臨む。 10秒で分かるご冥福を祈ってはいけない理由 ~御霊前と御仏前のその違い | コトバノ つまり、ここに …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly