川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

大人たちの会議、青春たちの合奏

投稿日:2017年2月22日 更新日:

同友会の会議は、三宮を中心とした神戸市内で行われることが多い。所属している委員会では、一年に一度だけ尼崎で会議を行うことになっているのだけれど、去年はそれが、会場の都合で流れてしまっていたのだった。今年はようやくそれが実現。いつもと違う場所で会議をするというのは妙にテンションがあがって楽しい。

慣れていない場所での会合。会議のあとに行われる食事も、どのあたりのどのお店でやる、という想像が全く働かないのだ。これが三宮あたりだと「あのお店かー」という想像が先に働いてしまう。あぁ、マカロニじゃないか、焼き鳥じゃないのか、だったら行くのやめとこう……とか、なんとか考えてしまって、欠席を選択してしまう。そう、僕は「懇親」なんてものよりも「何を食べるか」なのである。マカロニは大事だ。

ところで、会議が行われた場所は、尼崎のアルカイックホールの目前だった。尼崎のアルカイックホールは、兵庫県の吹奏楽コンクールで、県大会の場所としてよく用いられる場所である。県大会に出場し、金賞を受賞した僕は、部を代表する部長としてここで表彰を受けたのだった。メンバーみんなの歓声に満ちた場所。もう、20年以上も前のことになる。僕の青春だった。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

信、待、支

自分の好きなアーティストっていうのは、いわば、教祖であり肉親であり、僕の細胞を成すすべてであると言っても過言ではない。だからショックだし、それでも、何か希望を見出したいとも思う。 ASKAさんの逮捕と …

蛮カラ焼き。

5分ほど待て、と。さて。

光と影。

明石は魚の町。 魚介類たちや海苔を供養する、こんな空間もひっそりと。

no image

性懲りもなく古びた脳みそだって。

とんかつ屋にて、僕が好きなのは、はてさて、ロースだったか、ヒレだったのか。 2人組で、すでに解散したのは、19(ジューク)だったか、ゆずだったのか。 人間、何度教えられても覚えられないことがある。 そ …

no image

夏はすこしだけ鋭利に始まった。

七日ごとの集まり。 形ばかりのお経、気持ちの問題だよ。話題にのぼる父の思い出は、昨日の温度を添えて繰り返される。 真夜中の墓苑巡り。4ヶ所ほどを回って、母に、強く、あるところを主張した。 「明石駅のホ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly