川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「プレミアムフライデー」が始まる。

投稿日:2017年2月24日 更新日:

仕事を早く終えてもらって、その分、遊興費としてお金を使ってもらいたい、回してもらいたいという施策。趣旨を考えれば、お金に余裕のある人たちが早く職場を出られるようになればいいということだろう。単純に、多くの人の労働時間を減らそうという目的ではない。

本当にこの施策でお金が回るのならばそれはそれで良い。ただ、この施策が、大半の人の犠牲(奉仕?)の上に成り立つものであるならば、その時間的メリットを得られる人には「お金を使ってもらう」という当初の目的を何が何でも達成してもらわなければならない。家に帰らず、お金を使ってもらうためにはどうすれば良いか。

・当日は早く家に帰っても自宅のドアが開かないようにする
・自宅方面に向かう定期券は早い時間帯は使えないものとする
・遊興費として使った領収書がなければ基礎控除を減額する

こんなシステムを作れば、システムの開発費にもお金がまわって面白いんじゃないかと思ったが、考えているだけで馬鹿馬鹿しくなってきた。プレミアムフライデー。差別を助長するようなこんな制度、本当に必要なんだろうか。

「へぇ、お前のおとーちゃんとこ、プレミアムじゃないんだ」

子どもたちがお互いの親のことについて会話をしあう。「差」を「上下」だと思って、差別の芽を育む。そんな風にならなければ良いのだけれど。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

メールで決まってすぐに演奏している不思議と便利

4月のこの時期に体調を崩すのは珍しい気がする。咳が続いて熱があるので病院へ。 子どもの頃から通う病院の待合室に、子どもの頃からあったような気がして開いてみると1982年に発行された本だった。日本の歴史 …

神戸の青い空。

足元から焦げる真夏の温度。

no image

思えば汚れた大人になってしまったものだ。

「大丈夫、そのうち理解出来るようになるから」「俺も最初はよくわからなかったよ」「心配しないでいい。今はまだ、わからなくて当然」 どうやら、年上の彼氏が彼女に勉強を教えているところらしい。午後の賑やかな …

明石原人腰骨発見地。

ポニョ、僕の足腰はもうガクガクだよ。あと、どれくらいなんだろう。 ぶっちゃけ『端っこまで行くよ』という前言を撤回したいんだ。

今日もリハビリへ。

だいぶ良くなりました。雨の中、傘の自転車で病院へ。 のんびりした空気の中、身体をほぐしてもらいます。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly