川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

眠くならない会議、熟成されていく言葉

投稿日:2017年2月27日 更新日:

とある会議に向けての会議。

紙に書いてあることを読み上げるような眠たい会議はやめましょうと提案してみた。僕は会議は「決める場」だと思っている。連絡や報告は紙に書いて回せば十分だ。「会議に一番不真面目に参加して、居眠りをしてしまうような自分でも眠くならない話し合いにすれば盛り上がるのでは?」――そういう仮定をしながら、四十代は会議に臨んでいきたいと思う。

装丁に惹かれて買った詩集はイマイチ、心に響かないものだった。それでも、こういう買い方をしなければ、インプットが偏ったものばかりになってしまう。右も左も、白も黒もあって世界。僕の中を通り抜けていった言葉たちの熟成の時を待ちたい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

90歳を過ぎた原稿用紙、弱き筆跡の中に。

文字入力。 90歳を過ぎた方から寄せられた原稿を入力、入力・・・。弱々しい筆跡で、ところどころ、どうしても読みにくい字もあります。 だけど、その一文字一文字を丁寧に拾って、活字にしてあげることで、ご本 …

no image

法人ではない個人事業主が「会社」「当社」「弊社」「自社」という言葉を用いることについて

個人事業を営まれる方から、自分のお店や事務所の呼称について相談を受けることがある。 第七条  会社でない者は、その名称又は商号中に、会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない。 引用元: …

no image

経営者であるよりも前に、商売人でありたい ~泣き虫でありたくて

仮説を立てる、そして実行して結果を出す。このプロセス自体が僕の「ノウハウ=商品」となって、お客さんに選んでいただくための材料の一つとなっていく。風が吹けば飛ぶような小さな小さな存在は、こうやって自分の …

no image

論理と感性のあいだに立って、もっと

収入の増えていく仕組み、安定していく仕組み。仕組みを回していくために、気持ちをどうコントロールしてモチベーションを維持していくか。そんなことをお客さんと考えて過ごすのは本当に楽しい。始めた人から、継続 …

10割のお客様主義、3割の結果。

3割打者を目指せ。 その言葉の裏で、僕は、経営者として、10回は打席に立たせてあげられるよう、器量を身につけるべきなのである。 臆することはない。 まずは、分母を意識せよ。 === “ありがとうござい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly