川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

眠くならない会議、熟成されていく言葉

投稿日:2017年2月27日 更新日:

とある会議に向けての会議。

紙に書いてあることを読み上げるような眠たい会議はやめましょうと提案してみた。僕は会議は「決める場」だと思っている。連絡や報告は紙に書いて回せば十分だ。「会議に一番不真面目に参加して、居眠りをしてしまうような自分でも眠くならない話し合いにすれば盛り上がるのでは?」――そういう仮定をしながら、四十代は会議に臨んでいきたいと思う。

装丁に惹かれて買った詩集はイマイチ、心に響かないものだった。それでも、こういう買い方をしなければ、インプットが偏ったものばかりになってしまう。右も左も、白も黒もあって世界。僕の中を通り抜けていった言葉たちの熟成の時を待ちたい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

ひとで決まる、ひとが決める。ひとを選ぶ、ひとが選ぶ。

予算内だけどこの人では…と思うときと、予算は超過しているけどこの人と取引をしたい…と思うときがある。ひとで決まる、ひとが決める。ひとを選ぶ、ひとが選ぶ。逆もまた然り。 — 西端康孝 / 川 …

no image

三方良しのブログ運営 ~堂本兄弟(フジテレビ)で「お日柄も良く」の話題が出た

フジテレビの堂本兄弟という番組で「お日柄も良く」の話題が出たらしい。堂本剛さんのお父さんがPTA会長だった頃、雨の日であるにも関わらず「お日柄も良く」という挨拶をしたという笑い話。ところが実際は、この …

no image

失敗の数を誇れ、失敗に向かえ

変わろうとしないことは論外で、変わったという武勇伝は面倒で、だから、変わろうとしているという「もがく」姿を見せていくことは重要なんだ、という話をした。 うまくやろうとすることよりも、溺れている自分でい …

no image

「部屋を散らかさないで」と「部屋を綺麗にしておこう」の違い ~中小企業の出口戦略と製品ライフサイクル理論

出口戦略、撤退の時期。何かを始めたら、それを終えるべきタイミングがある。うまくいっているものでも、いつまでもうまくいき続けるわけではない。コンサルが好んで使うのは「製品ライフサイクル理論」という言葉だ …

no image

完璧を求めないで、60点で走り出すこと ~それはスプーンとチャーハンの関係にも似ていて

考えすぎて動けなくなるというのはありがちで、60点で走り出して、あとは軌道修正をしていこうという話を社内ではよくする。 0から60になるまでの時間と、60から100になるまでの時間は、数字の距離だけで …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly