川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

明石市民のソウルフード江洋軒

投稿日:2017年3月6日 更新日:

昔は300円だったけれど、今は400円になった。それでも400円だ。このお店では、焼きそばと中華そばの両方を食べるのが普通。ふたつで800円。昭和の優しいままの味で、いつ食べてもほっとすることができる。

食べることにルールが必要だったり、カタカナの多いメニューだったり、いくつかのハードルを越えなければならない食べ物も世の中には存在するけれど、僕は面倒じゃない食べ物が一番好きだ。そして、出てきたものは残さずに全部食べる。シンプル。飾られた空間は苦手だな。

明石駅前の街並みは大きく変わった。変わらないままであってほしいものもある。昔に生きたい。昔を伝えていきたい。今を急げば急ぐほど、そんなことを考えるようになった。

関連ランキング:焼きそば | 山陽明石駅明石駅人丸前駅

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

そういう仲に、君となりたくて。

ポニョー。 夜中の親父シャツには、  「風邪をひくよ?」「寒いよ?」 なんて言葉よりも  「職質されない?」 と案じてあげるべきだと思うんだ。 怪しさ満点。 警察官と、眼と眼で通じ合うそういう仲であり …

no image

嘘の上に咲く花は、どんな色をするのでしょうか。

ついていい嘘、ついてはいけない嘘。 でも、重ねていくと、その境目も曖昧なものになります。結果、「つかなければ良かった」と後悔することもしばしば。 人を傷つける嘘って、最低だと思います。 ついていた自分 …

ヒルトンで夕食。

昨日に引き続き、今日も大阪にて。

ある新しい商売のスタイルを

研究中。

し奈乃。

二色そば。 五歳以下の子供は入店お断りの頑固親父の店。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly