川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

パネルディスカッションのパネリストに人生初挑戦

投稿日:2017年3月7日 更新日:

企業の広報戦略とは、というテーマのパネルディスカッションにパネリストとして参加させていただいた。

「同友会のやってるパネルディスカッションって、台本通りで、あまり面白いものってなかったですよね」なんてあちこちで言ってきてしまった自分なので、いざ、こちら側になると必要以上にプレッシャーを感じてしまった。普段から言動は慎むべきなんだろう(けれど慎まないんだろうきっと)。

当日の詳細はコーディネーターの西さんのブログに詳しい。好き勝手を喋る僕たちのことを、よく、限られた時間のなかでまとめあげてくださったなぁと思う。その技術、雰囲気の作り方に感動を覚えた。

懇親会も含めて、なんの縛りもない、本当の意味で「自由気ままに」喋らせてもらったと思う。そういう自分であることを承知したうえで、パネリストとして推薦していただいた先輩や仲間に心から感謝をしたい。いい経験になった。広報委員会は雰囲気が良いので好きだなぁ。

Google

Google

-同友会

執筆者:

関連記事

仲間と過ごす、くだらない会話ほど

人の集まる場所に行くことは仕事のひとつ。いつも見られ方を意識している、それは相手が誰であっても。 理解して、アホなことを言っても許してくれる笑ってくれる、そんな仲間たちのいることが心から嬉しい、経営者 …

同友会の支部例会で報告します ~知識を売るのではなく体験を売るということ、雨の日に足が臭くなるということ

8月26日に生田神社会館で、経営体験報告を行うことになりました。 10年前の2月に入社、3月に社長と大喧嘩。紆余曲折あって7月から自分が社長をやるようになって以来のサクセスストリートであれば良いのです …

「士気」という言葉に強烈に憧れるようになった、最高の仲間たちとの出会い

梅の香を瀬戸内のイカナゴたちが奪っていく。釘煮を炊く香りに街が満ちると、もう春なんだなぁと思う。 飛び跳ねるまま小女子を釘煮かな/長谷川櫂「虚空」― 梅たちの存在が薄くなる瀬戸内の春、イカナゴが風に満 …

no image

本音を語るためには、自分のこれまでの時間に真摯に向き合う必要があった

同友会での発表を終えた。色々な感想をいただくことができて嬉しい。感謝。 何年も前に、同友会でだらだらと会議をしていたところ、とある方が怒り出したことがある。「ここは経営者たちの集まり。それぞれの会社で …

理想と数字と本音と建前と

名古屋まで、同友会の打ち合わせ。 理想だけでもダメだし、現実だけでもダメ。現実という足元を固めながら理想を追いかけていく。そんな舵取りについて聞く、疑問をぶつける。 本音と建前、折り合いをつけながらみ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly