川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

震災の日によく検索されるキーワード「大地震 読み方」「周年 使い方」 ~生かされていることへの敬意

投稿日:2017年3月11日 更新日:

報道でよく使われる言葉だからだろう。コトバノでは、この日、下記の二つの記事へのアクセスが多くなる。

事故や事件の災害に「周年」という言葉の使い方は誤りか ~「周年」と「年目」の使い分け | コトバノ

「大地震」「大震災」「大災害」 ~正しい読み方は「おおじしん」か「だいじしん」か? | コトバノ

1.17や3.11という数字の持つ特別な意味。四十年しか生きていない僕でも、東北や阪神、そして九州や山陰、甲信越など、あちこちの災害を間近で見聞きしてきたくらいだ。死生観について考えさせられる。生きて死ぬとはどういうことなのか。考えても答えの出ないことを、その日を境に人生の変わってしまった人たちの気持ちを想像しながら思い巡らす。

一日いちにちを重ねていけば、一年はあっという間だし、五年や十年という単位も一瞬で過ぎていってしまう。何処までも自転車をこいでいけたような肉体的な若さはやがて失われ、僕たちは遠いあの頃の体力を懐かしそうに思い出すことになるだろう。やがて迎えるその日その時のために、月並みではあるが、僕たちは今日を生きていることへの責任を果たさなければならない。生かされていることへの敬意を払う節目があってこそ、刹那を繰り返す僕たちの人生の価値を確かめ合うことができる。

「あれから」の日々。僕たちは何かを許され、与えられて、意味を探し続けているんだな、と、あらためて。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

旅芸人でありたい ~海に沈んで、山に沈んで

「旅芸人になりたい」という話をよくするのだけれど、それは僕の尊敬する松山千春さんが、60歳を過ぎても全国のあちこちでコンサートをしている姿に憧れてのことだ。自分を待ってくれている人がいるというのは、ど …

no image

土下座したい日も飛び上がりたい日もあった、これまでの。

 2年前の今ごろは父の亡くなる直前でもあり、仕事に追われながら病院に通っていたことを思い出す。今日、その時と同じ仕事を滞りなく終えることが出来て、薄紅に染まり始めた神戸の街を気持ち良くくぐり抜けて走っ …

なかなか海に入りません。

太陽に殺されそう。汗だくです。

no image

僕を優しくすることは、誰かに優しくなること

コンクリートの森を見上げると羊たち。 ひとの気持ちを優しくしてくれる景色は街にも必ず訪れて、たぶん、僕たちは気付かないままに毎日を浪費している。見上げてばかりいても置いていかれてしまうのだろうけれど、 …

涼を求めて。

海の上で食事をしてまいります。気持ちいいかな?

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly