川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

身体のあちこちからの警告 ~部品たちの悲鳴に

投稿日:2017年3月19日 更新日:

眼鏡を新調して眼精疲労がマシになった。

インプットにもアウトプットにも、人との繋がりにも僕たちは身体のあちこちを酷使していて、ひとつひとつの部品の声を聞こうとはしない。「よいこらしょ」と立ち上がろうとする僕も、鏡の前で白髪を抜いてばかりいる僕も、その叫びたちからの警告を受けているのかもしれない。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

裁くのは法、償うのは本人、許すのは周囲、許してほしいのは僕たち

「また呼ばれるでしょうね、そのうちね」との有野の発言に加藤は、「ヤツが帰ってきたら、呼ばれるのかな」と相方・山本圭一を思わせる発言をした。 引用元:加藤浩次「アッコにおまかせ!」を降板した理由を聞かれ …

no image

何かが離れそうなときに捨てた執着、次に待っていてくれた活字の数々

むかし、魚の嫌いだった僕も、いつかお酒を美味しいと思うようになってからは好んで食べるようになった。 必要なことは必要なタイミングで来るようになっているんだろうと思う。ただ、必要なものは、たとえば隣の席 …

no image

白きモノが増えて。

鏡を見るたびに「老けたなぁ」と思う。 白きものを頭に見つけては、常備された毛抜きで抜く。完全にその頻度は増えた。 ストレスだよなぁ… と言い聞かせつつも、もしかしたら単に加齢によるものなのか。 若くあ …

no image

淋しいニュースだよ、いつも母校の風にいて。

コンサートは、やっぱり最高だった。自分の物差しを持って生きていたいと思う。 万人に理解される考えなど、存在しない。自分は自分であれ。 コンサートが終わって、母校の悪いニュースが飛び込んでくる。 電話や …

no image

失敗とチャンスは表裏一体 ~障害という個性に同情をしたのではないのだから

耳の聞こえない作曲家。その楽曲を実際に作っていた新垣氏が、一時は大学を辞めることになったものの、学生たちの署名活動により処分が保留になったというニュース。いい話。 ゴースト新垣氏 学生が退職反対署名活 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly