川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

身体のあちこちからの警告 ~部品たちの悲鳴に

投稿日:2017年3月19日 更新日:

眼鏡を新調して眼精疲労がマシになった。

インプットにもアウトプットにも、人との繋がりにも僕たちは身体のあちこちを酷使していて、ひとつひとつの部品の声を聞こうとはしない。「よいこらしょ」と立ち上がろうとする僕も、鏡の前で白髪を抜いてばかりいる僕も、その叫びたちからの警告を受けているのかもしれない。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

吉田沙保里さんが大好きだ ~「口角を上げて笑われる」のが嫌いな僕に~

吉田沙保里さんが大好きだ。プロスポーツ選手としての魅力はもちろんだが、ひととして、女性として、惹かれるところがたくさんある。彼女のtwitterが更新されるのが楽しみで仕方ない。 本日、体調第一家族に …

父親の容体。

呼吸困難から回復、父親。 昼から見舞いに行ってきます。→神大付属病院 今は、久々に六甲アイランドに来ています。

no image

立ち退きを求められている、僕を形成している場所。

神戸、元町商店街にある母の店は、実はいま、立ち退きを求められている。 様々な事情があることは承知しているけれど、物心ついたころからの、父と母と弟と、それぞれの色や声、表情、思い出の詰まる物質的な場所が …

no image

お盆と終戦記念日が重なったのは歴史の偶然

夕暮れにヒグラシの気配を感じて調べてみたが、お盆と終戦の日が重なったのは偶然らしい。こんなにも物悲しい景色が全て同じ日にあるというのも不思議なことだ。 セミは動物としての本能だけで夏の終わりを感じてい …

僕の始まりは父の買ってくれたピアノだった。

チャー絆という若いバンドのメンバーに出会った。 アコースティックギターとキーボードの男女2人組。ピュアなサウンドの上に、忌野清志郎のような雰囲気のボーカルが乗る。 洗練されている必要はない。 自分たち …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly