川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

病気はそう、昨日と今日が分断される瞬間だ

投稿日:2017年3月30日 更新日:

昨日と同じくらいの今日がやってきて、今日以上の明日がやってくれば嬉しい。そんな繰り返しを生きていきたいのに、時間は身体を少しずつ弱らせて、ドラマのような運命を突き付けようとしてくる。病気はそう、昨日と今日が分断される瞬間だ。ずっと同じままはあり得ない。でも、ずっと同じままであってほしいと祈る。理屈では分かっていることを感情で何とかしようとするのが人間という生き物だ。病院の桜に、春を祈った。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

駅前の抵抗勢力。

置いてくださるな。

no image

横を走り抜けて行く 青く丸っこいその姿に。

通勤の朝。駅を降りてからしばらくは、JRの線路沿いを歩くことになる。 曲がり角に差し掛かる頃いつも 九州からの旅をまもなく終えようとするブルートレインが少しくたびれた顔をして横を通り抜けていく。    …

涼を求めて。

海の上で食事をしてまいります。気持ちいいかな?

no image

暑くなるのは空のせいでも。

一年で一番大きな仕事となる制作業務が今夕から始まる。 この仕事は、自分が経営者になって間もない頃、絶対にしてはいけないミスをしてしまいお客様にご迷惑をおかけしてしまった、そんなほろ苦い思い出の伴うもの …

水車。

廻って廻って涼しんで。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly