川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

病気はそう、昨日と今日が分断される瞬間だ

投稿日:2017年3月30日 更新日:

昨日と同じくらいの今日がやってきて、今日以上の明日がやってくれば嬉しい。そんな繰り返しを生きていきたいのに、時間は身体を少しずつ弱らせて、ドラマのような運命を突き付けようとしてくる。病気はそう、昨日と今日が分断される瞬間だ。ずっと同じままはあり得ない。でも、ずっと同じままであってほしいと祈る。理屈では分かっていることを感情で何とかしようとするのが人間という生き物だ。病院の桜に、春を祈った。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

20年を一緒に過ごした、家族以上の家族だから。

二度とは戻らない一日一日の時間だから、思い入れのたくさんある過ごし方をすれば。それはそれで、昔はこうだったのにと、切ない思い出に変わってしまうことがある。 でも、だからといって。 出会わなければ良かっ …

高知城。

天守閣。

no image

花粉だとか黄砂だとかPMだとか風邪だとか

花粉だとか黄砂だとかPMだとか風邪だとか。 土曜日、なれど祝日。閉ざされたままの病院のドア。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2015, 3月 21 祝日であるということを …

詩集の時間。

石垣りんさん詩集。存在を存在以上にしてくれる、想いの詩集。 眠りに触れられるまで、今夜はこれで。

no image

9月16日、30歳になる彼に何を贈ろうか。

いよいよ、来週の土曜日、9月16日(土曜日)。 30歳になります。20代ともお別れです。少し、甘えが許されなくなるのかな。少し、見た目に近づくのかな。 いろんな期待や不安、寂しさ、交錯する想いの中で。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly