川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

パネルディスカッションのコーディネーター、コピーライティング講座

投稿日:2017年4月6日 更新日:

同友会、オール兵庫の分科会(パネルディスカッション)のコーディネーターのお役目を打診される。

前に出て目立つことばかりしている気がするし遠慮したのだけれど、普段通りのキャラで行ってほしいと言われたので引き受けることにした。声をかけていただけるうちが華。これはこれで、自分のチャンスにしてみたいと思う。県の広報委員会として初めて分科会を持つことになった。その記念すべき最初の事業で大役を仰せつかるというのも良い経験になる。

同じく、広報委員会として今期は様々な事業に取り組んでいくことになっている。6月には自分が講師となって「コピーライティング講座」を行うことになっているので、この場もまた、参加していただけるすべての方にとって有益な機会となるよう全力で努めたいと思う。

Google

Google

-同友会

執筆者:

関連記事

no image

褒められたいくらいに頑張った、僕の全力投球の思い出。オール兵庫の分科会のこと(備忘録)

オール兵庫分科会の座長(パネルディスカッションのコーディネーター)は、今年一番頑張ったことでもある。そして今年一番いろんな人に助けてもらったことでもある。分科会の思い出をどうこう語るよりも、この分科会 …

no image

「離婚した理由はDVです」と伝え続けるブランディング

「離婚した理由はDVですって言っておけば、おっさんどもは釣られてくれますよ、それもブランディングです」という強烈な闇を見た。生きていく方法も人それぞれ。願わくは「釣り続けてあげてほしい」。シンデレラを …

ライブ演奏っていうのは生き物なんだなーということを知った、楽しかった!

同友会の前支部長の慰労会でバンド演奏をさせていただいた。 アーティストの人たちがよく言う「ライブは生き物だ」という話の意味がはじめて理解できた気がする。スタジオで練習をするし、本番前に同じ場所でリハー …

no image

【西端語ります】中小企業家同友会西神戸支部ブロック会「経営に生かす言葉の力」

同友会のブロック会で、表現力についてお話させていただきます。 「どんな言葉にも裏と表がある」ということ、その言葉の使い分けが心遣いになるということ、心遣いを意識することが人を育てお客様との距離を縮める …

中小企業家同友会バンドの誕生と宇多田ヒカルさんのアルバムと

宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-という音楽のアルバムが発表されていた。 宇多田ヒカルさんの楽曲をAI、井上陽水、大橋トリオ、岡村靖幸、加藤ミリヤ、 KIRINJI 、椎名 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly