川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

Facebookの衰退 ~広報活動とはまだ見ぬ未来のお客さんに旗を振るもの

投稿日:2017年4月30日 更新日:

広報活動とは、まだ見ぬ未来のお客さん(相手)に対して旗を振るものだと思っている。Facebookでいいねを稼いだところで、ただ、身内からの評価を集めるだけで外の世界には拡散していかない。その時その時の居心地の良い関係の人たちがいいねをしてくれるものだから、自分を戒めたり自制する効果も生まれにくく、気が付けば、痛くて浮いた存在になってしまうのではないだろうか。SNS活用について聞かれたら、僕はいつもそんな風に答えて話す。

若い人たちに聞くと、もう、Facebookを日常的に使っている人は減ってきているのだということを実感する。流行り廃りというよりは、「どや顔」と「ほめたたえる側」とが二極化していて、疲弊感が漂っているように見える。劇場には役者だけがいても仕方がない。ただ、役者の演技に飽きた観客たちが逃げ始めたということなのかなという気がする。

広報活動とは、まだ見ぬ未来のお客さんに対して旗を振るもの。身内から評価されて喜んでいるようでは、痛い。調子に乗っているように見られれば、もっと痛い。旗は誰に対して振るべきなのか。意識を徹底していきたいと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

知識も大事、ただ、知識よりは物語が大切

溺れている人は助かろうと手足をばたばたさせる。それが一生懸命であるということ、本気であるということ。その必死さに周囲は手を差し伸べるのであって、悠々と水面に浮かぶ人間に救いの手が伸びるわけもない。人に …

no image

明日のお酒のため、夜通しを頑張るのだ。

本日は、夜通し、原稿の入力とプログラミングの予定なので更新はお休み。 ちょこっとだけご紹介すると、今作っているシステムは、もうすぐお正月。皆さんの初詣が便利になる、神社検索システムというやつなのです。 …

三尺三寸箸。

おなかいっぱい。

no image

ピアノの演奏を人前で披露するということ ~YESから始めてカタチにしていく

表現力のルーツになっているのは親が20年もレッスンに通わせてくれた「ピアノ」だし、経営者のルーツになっているのは親の「商売人」としての姿だと思っている。 先生に怒られてばかりのレッスンが大嫌いで、演奏 …

12月句会。

参加中。ぎりぎりで書き上げました。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly