川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

自信を持つこと、自信を持ちすぎること、伝えるものではないこと、伝わるということ

投稿日:2017年7月19日 更新日:

自分という人間にこれっぽちも自信が持てないので、頼りにされ、必要とされると嬉しくなる。そうして引き受けたことの多くが同じ時期に集中してしまって、今度は、ただの無責任な人間になり下がってしまいそうなのである。自分のキャパを読み違えて自滅するタイプ。嗚呼。

自信を持つというのは大切なことだな、と思う。一方で、自信が過ぎて謙虚を忘れてしまうと痛くなるということも忘れないでいたい。自分の良さは伝えるものじゃない。伝わるものだ。この差は大きい。

生かされている、感謝する。経験を重ねていくということは、己の小ささや足らずを知るということだ。「こんなにも」やってきたのではない。僕は「まだまだ」を生きていく。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

『オフ』の意味をすっかり勘違いしていたパソコン通信世代。

美月さんのページを読んでいて。 そうか、そうか、この場合の「オフ」って休日の意味なんだな、と気がつきました。 以前からちょこちょこ「オフ」という表現が出てくるたびに、いわゆる「オフラインミーティング」 …

no image

動物たちに触れると眠たくなる、一緒にいると気付かなかった犬たちといる生活の効果

僕にはトラウマがある。 ある日を境に、檻の向こうに行ってしまって。体温の失われていく命の重さだけは、よくわかっている。 引用元:ある日を境に、きみは檻の向こうへと行ってしまう命だった。 | 川柳をこよ …

陶芸教室。

初挑戦。

no image

誰かの心に留まるということは、価値になるということ ~フカをキョンする、ゼロをイチにする発想

「フカをキョンしたい」というフレーズを知った、セミたちの合唱の空で。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年7月26日 「フカをキョンしたい」という言葉をネット上で見つ …

no image

自分とその周囲だけ良ければいい、だなんてのは。

住宅ローンの繰上げ返済の手続き。 10年以上の時間を縮めることが出来たので、完済は50歳過ぎの見込みとなった。ただ、どんなに遅くても45歳までには全ての返済を終えてしまいたいと思う。 それは、ただ単に …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly