川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

自信を持つこと、自信を持ちすぎること、伝えるものではないこと、伝わるということ

投稿日:2017年7月19日 更新日:

自分という人間にこれっぽちも自信が持てないので、頼りにされ、必要とされると嬉しくなる。そうして引き受けたことの多くが同じ時期に集中してしまって、今度は、ただの無責任な人間になり下がってしまいそうなのである。自分のキャパを読み違えて自滅するタイプ。嗚呼。

自信を持つというのは大切なことだな、と思う。一方で、自信が過ぎて謙虚を忘れてしまうと痛くなるということも忘れないでいたい。自分の良さは伝えるものじゃない。伝わるものだ。この差は大きい。

生かされている、感謝する。経験を重ねていくということは、己の小ささや足らずを知るということだ。「こんなにも」やってきたのではない。僕は「まだまだ」を生きていく。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

たいへんたいへん、明日16日は!!

わたくし、ばたさんの29歳の誕生日ですよー!!!

no image

選んでくださる人たちの気持ち、そこからの逆算でありたい。

地域に貢献するのが企業の役割の一つであるということは共感する。ただ、その地域イベントや地域の冠を背負った企画が、関わる人たちの商売と関係が近接していればいるほど「それって結局、自分たちの商売のためでし …

no image

サンタよりも忙しい一ヶ月を目指して。

自分の日記を読み返して、2週間以上風邪が続いていることに気が付いた。 治りかけたかと思うと、すぐにぶり返してしまうか弱き乙女座。 年が明けてから、父が入院して。 春に父を亡くして。思うところあって、ジ …

no image

病気はそう、昨日と今日が分断される瞬間だ

お見舞い。病、とて、春はもうすぐ。 pic.twitter.com/j2lOIR1Vtk — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月29日 昨日と同じくらいの今日がやっ …

no image

カムチャッカの若者への想像と、今を与えてくれたすべての歴史への永遠の敬意と

今、ここにいて、同じ時間のカムチャッカの若者を想像させてくれるのは詩の魅力のひとつなのだけれど、現代詩の比喩は極限の向こう側に行きすぎてしまい、詩壇に住まう人たちにしかわからないものになってしまった。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly