川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

「ごめんなさい」と「ありがとう」が言えたら、なんとか、生きていけるのではないだろうか

投稿日:2017年6月1日 更新日:

プライドを守ることは大切だが、「プライドを守れ」という言葉に支配されすぎて消えていってしまっても本末転倒だ。一方で「ごめんなさい」と「ありがとう」をすぐに言える人は、いろんな人に助けられて伸びているし、そこまでの求心力がなくとも、なんとか、ぎりぎりのところで生きているような気はする。すくなくとも、僕の見える世界の範囲では。

「プライドを守れ」「自信を持て」「ポジティブであれ」――在り方としては確かにそうあるべきなのかもしれない。でも、簡単じゃないんだ、「あるべき」ことのひとつひとつは。だから僕たちは苦しむ。そして己の小ささを知る。だから誰かに補ってもらわなけれならないということを悟る。そのためには謙虚にならなければならない。謙虚さは「ごめんなさい」と「ありがとう」に宿る。僕たちはこれを口癖にしていかなければならない。

……なんて仮説は、誰かに押し付けるつもりはこれっぽちもないけれど。

自分はそうありたいなぁと思う。自分たちの会社は、そういう人たちの集まりであってほしいなぁと願う。有り難き有り難うに心を込めて。僕の、僕たちの、行動指針。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

運命共同体という船にいることを忘れるな

地元の「えべっさん」に行く。 毎年、商売繁盛以外のいくつかを願うのだけれど、今年からはそれをやめた。自分の足で本気で動き出そうとしない人間の分までお願いするのは、神様にも酷だというものだ。必死な人のこ …

no image

「リスクとリターンの考え方 ~副作用を肯定する」「羨んだり妬んだりの場所にいる僕のまだまだ」

つれづれにメモしていたこと ▼ 投資を十何年とやり続けてきて自分の経験値になったのがリスクとリターンの考え方だ。リターンにはリスクが伴う。したがって僕は「副作用のない何か」というものよりは「副作用はあ …

no image

空っぽのまま、低いところで待つ。その先に見えてくる世界へは、一歩、また一歩

同一視されたくないという矜持なのかもしれないし、「そういう」肩書きを用いることで離れていく人がいることを体験的に理解しているからかもしれないし、とにかく、理由は不明確なまま、なんとなく表向きにはアピー …

no image

wantに応えられるブログ記事を用意しておくのはおもてなしの気持ち ~秋になるとアクセスの増える記事たち

毎日欠かさずブログを更新していると、検索から、色々なキーワードで人が訪れてくれるようになる。ひとが検索に向かうときは何かしらのwantがあるとき(want,want to do,want to kno …

no image

キムチの苦手な昼下がり。

新入社員Nくんの研修2日目。 彼の正式な入社は9月からになりました。それまでは、時々、研修を兼ねて手伝いにくるという形。 彼には、色々な成功と失敗の経験を重ねさせて、どんな状況にも冷静に的確に対応出来 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly