川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

連続磁気傷害殺人事件

投稿日:2017年7月13日 更新日:

またやってしまったのである。

僕は通帳やカード類の磁気をすぐにおかしくしてしまう。クレジットカードは、有効期限までの間に5~6回は交換してもらうくらいだし、ひどいときには、届いたその日に使えなくしてしまったことがあった。クレジットカードを再発行するにも当然コストは必要なのに、快く(と思っている)応じてくださるカード会社さんには感謝するばかりだ。

印刷物を納品したあとに、お客様側のミスで再印刷をお願いされることがある。それが1000円ならば、二回目も同じ枚数を印刷するので本来、もう一度1000円のお支払いをお願いするべきなのだろうが、それもなんだか申し訳ない気がして、気持ちばかりのお値引きをさせていただく。こんなことを言えばきっと経営者仲間には「それではダメなんだ」「それだからダメなんだ」と言われてしまうのだろうが、やはりここは「気持ち」である。僕は経営者というより、商売人だ。お客様のミスによって生じる利益よりも、役に立っていただく利益を本筋であると考えたい。

ということで。

僕はそういう人間であるので、これからもカード会社や通帳類を発行される郵便局や銀行の皆さまにはぜひとも粋に感じていただきたく、よろしくお願い申し上げます。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

忙しくなるたびに、ありがたいなぁと、夏の、喜びの。

9月から正式入社のNくんが、神戸のあちこちの掲示板に、自作のチラシを貼りに行ってきました。 ご苦労様。 「Yes」でも「No」でもなくて。 自分が社員の立場だったとき、やりもしないで否定されることは嫌 …

no image

残る言葉のひとつひとつに。

その昔、ピアノ発表会にて。 クラシックばかりが続いたのでは聴いている方もつまらないだろうと、当時jazzやpop musicをレッスンで選択していた自分は、「CHAGE&ASKAメドレー」を …

no image

有り難きありがとうに心をこめて

2月は日数が少ないうえに、月の半ばに祝日まである。そして年度末の慌ただしさも重なって、毎年、ほとんど記憶に残らないまま時間だけが過ぎていくような気がする。 一般社員として前川企画印刷に入社したのが10 …

介護セラピーロボット「パロ」ちゃんを取材訪問

介護セラピーロボットパロちゃんを取材訪問。 こちらの動作や言葉を認識してリアクションを変えてくれる。癒されたー。 特別養護老人ホーム六甲の館の施設長溝田さんに色々な話をうかがった。施設運営にあたって、 …

リスクとリターンの関係 ~未来から逆算して今を投資する、2014年回顧

亡くなった父の言葉を思い出すとき、もう触れることのできない犬たちの温度を想うとき、いつだって壊れてしまいそうになる。 喪失の悲しみを知って、もう、これ以上に辛いことはないだろうと思っていた僕を襲ったの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly