川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

カレンダーの一枚に足かせになった荷物を置いていく

投稿日:2017年5月1日 更新日:

瘡蓋が剥がれて新しい皮膚が現れるように、5月は僕に、大きな変化を与えてくれた。

仕事がたくさんあって疲れることよりも、精神を重たく支配されるような事態の続く方が、前へ気持ちが向かないという意味で損失は多い。カレンダーの一枚に足かせになっていた荷物を置いていくことで、新しい景色に触れていくことができる。月並みな表現だが、とてもワクワクしている。

起こることには意味があるし、すべての原因は自分にある。自責。戒めながら動いていく。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

親へのはるかな距離、愛犬の温度。

いつも「母の日」と同じ時期にやってくる5月14日、母親の誕生日。色々、思うところあるまま、食事に誘ってみたけれど…。 衝突した。 人格そのものを否定されたような気持ちになる。 最終的には、家族、血のつ …

ひとの気持ちは変わるもの。

彼は、いつも優しい言葉を選んで話しかけてくれた。穏やかな彼の語尾に、すべてを預けることが出来た。 そんなある日、彼の態度が突然変わった。 優しい彼が大好きだった、のに。

もっと降れーぃ。

わが家の屋上から。 雪が大好きです。 ほとんど寝ないで、降り始めるのを待っていました。 積もれ積もれ。

no image

手当たり次第にアタックしたその結果。

うちのコンポ。 本体には再生やボリュームといった必要最低限のボタンしかなく様々な操作はリモコンで行うことになっている。 ・・・ランダム演奏ってどうやんだ!? 手当たり次第にボタンを押しまくった結果。 …

no image

引っ越しのお祝いには入浴剤がいいらしい。

「新居に引っ越しましたから、是非遊びに来てください」 やっぱり家は綺麗なうちに見てほしいですから、この台詞を本気で言うのですが、結局は、社交辞令になってしまいがちです。 今まで、言われる立場であったと …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly