川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

吉田沙保里さんが大好きだ ~「口角を上げて笑われる」のが嫌いな僕に~

投稿日:2017年7月24日 更新日:

吉田沙保里さんが大好きだ。プロスポーツ選手としての魅力はもちろんだが、ひととして、女性として、惹かれるところがたくさんある。彼女のtwitterが更新されるのが楽しみで仕方ない。

いつからか「口角を上げて笑いましょう」というスローガンが世間に浸透するようになった。僕はあの作り笑いがとても苦手だ。一生懸命面白いことを言って場を和ませようとしているのに、白い歯を見せて笑うよりも先に、表情を作って笑われてしまうと、自分が馬鹿にされたような気持ちになってしまう。喜怒哀楽はストレートな方が良い。時々、電車や喫茶店で、何かの本を読んでいる女性が、我慢できず、表情に出して笑ってしまっているのを見かけることがある。その裏表のない雰囲気に僕はとても惹かれるのだ。

吉田沙保里さんは、表情に嘘がない。言葉に嘘がない。なにかのテレビ番組で、感情のままに笑い、感情のままに想いを伝えているのを見かけて、その少女のように可憐で純真な様子にすっかり心を奪われてしまった。きっと素敵なご家族によって育てられたのだろうな、と思って番組を見ていると、お母様が登場して、やっぱりなという気持ちになった。環境は人格に影響を与える。

8:2で裏ですよね、と言われてしまったことがある。この人は逆に、どの部分を「残りの2」だと思ったのかは分からないが、願わくは、吉田沙保里さんのように生きてみたいものだ。いま、一番お会いして話をしてみたい有名人の一人である。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

これからのことは、これまでのことを越えていく。

ディーラーから電話、新車の1000キロ(一ヶ月)点検を受けに行く。 フィットになって燃費が良くなった分、スタンドに行く機会が少なくなった。ガラスの汚れが目立つのは、なるほど、そういう理由。 ボディ全体 …

西宮神社。

商売繁盛、お祈りしてきます。

no image

説明になってしまってはいけないし、抽象的すぎると誰のアンテナにも触れられなくなってしまう

AIDMAの法則というものがありまして、なんて書き方はいかにも虚業っぽくて好きではないのだけれど。 広告、文章、文芸、アート。いろいろあって、理屈でわかるものもあればそうでないものもある。説明になって …

no image

支えてもらって、一人ではない自分であるということを。

散髪をして髪を切り揃えると、ところどころに白いものが目立つことがあります。 昔からそう。 抱え込むものが多くなると、髪の毛は忠実にご主人様の心に反応し、シグナルを示し始めます。  (心を養生してあげな …

no image

体調は、底を抜け始めたような感じ。

さるくん、千と千尋さんをはじめ、私の体調を気遣ってお見舞いの言葉を頂いた皆さん、どうも有難うございます。 「完全復調」という状況でもありませんが、どうやら底は抜け始めたような感じです。神経から来ている …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly