川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

吉田沙保里さんが大好きだ ~「口角を上げて笑われる」のが嫌いな僕に~

投稿日:2017年7月24日 更新日:

吉田沙保里さんが大好きだ。プロスポーツ選手としての魅力はもちろんだが、ひととして、女性として、惹かれるところがたくさんある。彼女のtwitterが更新されるのが楽しみで仕方ない。

いつからか「口角を上げて笑いましょう」というスローガンが世間に浸透するようになった。僕はあの作り笑いがとても苦手だ。一生懸命面白いことを言って場を和ませようとしているのに、白い歯を見せて笑うよりも先に、表情を作って笑われてしまうと、自分が馬鹿にされたような気持ちになってしまう。喜怒哀楽はストレートな方が良い。時々、電車や喫茶店で、何かの本を読んでいる女性が、我慢できず、表情に出して笑ってしまっているのを見かけることがある。その裏表のない雰囲気に僕はとても惹かれるのだ。

吉田沙保里さんは、表情に嘘がない。言葉に嘘がない。なにかのテレビ番組で、感情のままに笑い、感情のままに想いを伝えているのを見かけて、その少女のように可憐で純真な様子にすっかり心を奪われてしまった。きっと素敵なご家族によって育てられたのだろうな、と思って番組を見ていると、お母様が登場して、やっぱりなという気持ちになった。環境は人格に影響を与える。

8:2で裏ですよね、と言われてしまったことがある。この人は逆に、どの部分を「残りの2」だと思ったのかは分からないが、願わくは、吉田沙保里さんのように生きてみたいものだ。いま、一番お会いして話をしてみたい有名人の一人である。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

長引く咳が苦しくて。

夜になると、もう咳が断続的に止まらなくなってしまう。眠ろうとしても、息が止まるのではないかという恐怖に支配されて、一日の疲れに身を任せられない。 咳はもう、一ヶ月以上も続いている。体力を奪われていくよ …

兵庫県川柳祭。

当日句の発表は15時から。さて結果は?

no image

経験談を語る年上は、価値を下げることが多いから。

経験談は、上手に語らないと相手を戸惑わせるだけだ。 「教えてあげたい」という年上の気持ちは理解できる。ただ、苦労話や成功体験などは、相手が挫折しているときにヒントを与える意味でのみするべきで、その空気 …

さよならvodafone。

すでに大阪ではSoftBankショップが登場。 遠くから見たら、新手の(少し怪しめな)絵画店のようです。なんだかなぁ…。 904SHユーザーの嘆き。

no image

ケータイの留守電機能を使えないように手続きをしてきた

周囲に合わせた時間(昼間)と集中力の増す時間帯(夜中)があって、この静寂の中にある感覚を捨てたくないのだとすれば、「夜は眠らなければならない」という思い込みを改めるべきなのかも。朝はお客さんからの電話 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly