川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

涼風至るころの夢を見て

投稿日:2017年8月1日 更新日:

社会保険や労働保険の手続き、決算書の作成。毎年この時期に行う大がかりな制作業務に、今年は同友会の役割や新しい仕事も増え続けて、ここ数年で一番大変な時間を過ごしている。眠ってしまうと一大事になるというプレッシャーが耳鳴りを悪化させていて、今はそれが辛い。

移動の合間に写真を撮るのが好きなのだけれど、猛暑日が続いて、それも億劫になる。涼風至る頃には、また、撮影も再開したいなぁと思いながらこの時期を乗り切っていく。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

自動車学校を卒業したものですから。

中国語をぺらぺらと話す人の後姿が格好いいなぁと思った。 そんな自分の最終学歴は兵庫県自動車学校明石校、まる。

明石で1番美味しい玉子焼き(明石焼き)のお店。

材木町にある『ふなまち』。 地元の人間でも知らない人が多い。美味しいけど、店は汚く店員の言葉遣いも乱暴。

静岡茶と川柳と。

静岡県通過中。 生まれたのは三島の病院。 静岡、(大学の)京都、明石。 それぞれ想いのある土地を過ぎて眺めていると、 今日はたくさん川柳が生まれてくれました。

旅館到着。

風呂入って読書だ。

no image

サルでもわかる「なぜ毎月保険証の提示が必要なのか」。

仕事で何度も「レセプト」という言葉が出てきていると思いますが。 たとえば11月に、君が病院に行ったとします。その医療費が1000円だった場合、窓口で君が負担するのは300円です。 病院は、残りの700 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly