川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

必要なバカとして役割を担う

投稿日:2017年8月6日 更新日:

同友会の納涼会で、去年と同じ、赤穂のくいどうらくさんへ。

次の世代の人たちにこの役割も譲っていくべきだなぁと考えながら、往復のバスでは司会を務める。盛り上げ役とか怒られ役は、集団のなかに必ず必要な役割だと思うけれど、そういうことは体験して初めて気が付くこと。馬鹿な僕には真面目なことは出来ないけれど、これからも「必要なバカ」として役割を担っていけるようでありたい。

海に沈んでみたり、水をかけあってみたり。そして何よりもおいしい料理。8月の繁忙期、本当の居心地の良い時間だった。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

明石市民の昼ご飯、漁師丼。

あまりに散らかりまくった部屋の掃除から脱出。 たこフェリーの発着場、「新浜」にて。今日の明石は、快晴です。

no image

学校の先生に負けるくらいなら、お金はいただきません。

 学校の先生の話なんて、聞かなくていいよ。  黒板を写しただけのノートなんて、すぐに破りすてちゃえ。 僕はいつも、家庭教師をしていた頃はそんなことを言いながら生徒たちに接するようにしていた。 教えるこ …

no image

同情を買いたくて、切なさを安売りしてる?

お酒が入ったり、小説を立て続けに読むと。 語尾に変化が起こって、少し文体が変わる、昔からの癖。すぐに影響を受ける。 高校生のとき、大恋愛をした。 大好きな彼女ができた。 一生懸命尽くした。次第に、その …

ワイン4杯目。

明日のことは考えず… 偶然入った店で大阪の知人に遭遇。なんと宿泊しているホテルも同じそうです。

自信と謙虚の紙一重

知識も理屈も何もない時代に、夜は必ず明けると言い切った誰かの勇気は如何ほどのものであっただろう。「かならず」を声にした瞬間、いつもなら朝の白さが広がり始める方向に、どれだけの不安と祈りを向けたのだろう …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly