川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

僕の経営者としてのルーツ 〜最初から経営者になることを約束されていなかったということ、裏の世界を覗いてきたということ

投稿日:

世間は盆休み、とて、中小零細企業にそんなものは関係なく、僕は僕の毎日を過ごす。

いつもは車の往来が激しい大阪の真ん中、レンズを向ける僕を咎める人は誰もいない。

かつてサラリーマンをしていたビルの前を訪れる。

このときに体験した裏社会のことが、今の僕を形成していて、それについて僕は、うちのメンバーに何度も話をしてきた。お金を追いかけると、闇に包まれて精神はいとも簡単に破壊されてしまう。だから僕の心の真ん中には「役に立ちたい」が常にある。お金は結果論。利益は後からついてくる。マルチ商法やそれに類似したビジネス組織を毛嫌いするのは、漆黒の闇が今でもずっと僕を追いかけてくるからだ。

最初から経営者になることを約束されていた人とは違うという自負は見失わない。ひとの遊んでいる間に追いつけるようにする。10年が過ぎても、最初に決めたことはひとつも変わらない。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

「反省しています」「次からは気を付けます」という言葉を信用しない理由について

誰かを傷付けてしまった、不愉快な思いをさせてしまった、ご迷惑をおかけしてしまった。 うちの会社は、ずっと、そんなことを繰り返し続けています。メンバーからは、マイナスの出来事があるたび、「反省します」「 …

no image

ヴィッセル神戸ファン必携の名刺を持つ長田の医者とは!?

田中先生にブロガー名刺を納品してきました。 高級感あると、お褒めいただいております。ありがとうございます。 ・【ヴィツセル神戸のブロガー名刺】(がんばれ!ヴィッセル神戸) 先生も、いま、サッカーの練習 …

ブランディングに関する講演を聞くよりも、商店街を歩く人たちの話に耳を傾けてみること

先日ブランディングに関する講演をしてほしいと依頼を受けた。 ブランドや企業の価値なんてものはお客様が決めるものだと思っているし、意図して創り出そうとする虚像は打算的で下心が見え隠れする。芯を決めて誠実 …

no image

先入観と思い込み、違和感と共感

先入観や思い込みで断定してしまったり、機会を損失することは本当にもったいない。 一方で、察知して回避する、または近づいてみる、そんな嗅覚のような感覚は研ぎ澄まされているに越したことはない。先入観と違和 …

no image

中小企業円滑化法期限到来後の銀行対策と付加価値のプレゼンテーションについて

仕事始め。 お手伝いしている経営者の方々の話を聞いていると、銀行は銀行のペースに持ち込もうとしているような印象を受ける。経営計画などを自分たちのフォーマットに記入させて、評点を下げていく。結果、貸し剥 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly